オンライン診察予約
詳しいご相談内容のある方はお電話にてご予約をお願いします

24時間WEB予約

佐伯歯科クリニック

〒814-0101 福岡県福岡市城南区荒江1-32-16(早良区とも近い歯医者)

  • 駐車場4台完備
  • 092-821-4182
  • 「平日」9:30~19:00
  • 「土曜」9:30~17:00
  • ※祝日のある週の木曜日は
    19:00まで診療

Web予約

治療症例集 |佐伯歯科クリニック|福岡市早良区・西新近くの「予防型」歯医者・歯科 荒江

キービジュアル

Menu

連続した歯の虫歯治療 清掃性、審美性の改善 春日市の患者さま

2018年04月14日

 

今回は、銀の詰め物(インレー)が入っている歯の虫歯治療を行いました。

下の写真は治療前のものです。インレーをよく観察すると、表面はざらつき、段差や隙間が目立ちます。このような状態では、汚れは溜まりやすくなり虫歯のリスクは高くなります。

 

インレーを外してみると、中は真っ黒になっていました。インレーの隙間から少しずつ汚れが入り込み虫歯になっています。

 

虫歯を綺麗に取り除きました。虫歯は深くまで進行していました。歯の中には神経が通っています。虫歯が大きくなり神経まで感染してしまうと、虫歯治療だけでなく歯の根の治療が必要になることもあります。今の状態から再度金属のインレー治療をしていくことは可能ですが、また虫歯になる可能性は高くなります。すでに神経までの距離も近くなっているため、虫歯になると根の治療が必要になるかもしれません。

 

今回は、インレー治療は行わずにダイレクトボンディング治療を行いました。お口の中で直接詰め物をしていく治療です。

 

歯の形、溝などを考慮して治療を行います。型取りは不要なので治療は一回で終了します。直接詰めていくので段差や隙間もできにくいのが特徴です。

 

治療後の状態です。今回は、手前の歯の治療も行っていきました。

 

同じようにインレーを外すと中は虫歯になっていました。

 

虫歯を徹底的に除去します。虫歯の検知液を使用しながら進めていきます。

 

歯の形を作りながらダイレクトボンディングを行います。

 

詰め終わった状態です。ラバーダムシートをかけている状態では、噛み合わせの調整ができないため外してから行います。

 

噛み合わせの調整、研磨が終わりました。治療前のような段差や隙間はありません。手前の歯の治療も行いましたので次回以降 UPしていきます。

精度の高い虫歯治療 銀歯の下には汚れが溜まりやすい 福岡市早良区の患者さま

2018年04月10日

 

今回は、銀歯を外して虫歯治療を行いました。

下の写真は治療前のものです。銀歯治療が二箇所してあります。

 

まずは、銀歯を外しました。中は少し汚れているように見えます。

 

銀歯をつけていたセメントを外すと、中はこのように虫歯が広がっていました。

 

虫歯を全て取り除いたところです。かなり深くまで虫歯は広がっていました。

 

ラバーダムシートを使用し、ダイレクトボンディングを行います。歯の形をセロハンの膜で作り、そこに樹脂を流し固めます。

 

歯の形を作り終えました。

 

ラバーダムシートを外して噛み合わせ調整、研磨を行いました。

 

後日、横の歯の銀歯を外してダイレクトボンディングを行いました。

 

外してみると、汚れがたまっています。

 

虫歯を除去して、ダイレクトボンディングを行います。

 

歯の持つ凸凹や溝を意識して形を作ります。

 

噛み合わせの調整、研磨を行いました。治療前の銀歯は歯との境目に段差があり、汚れが溜まりやすい状況になっていました。ダイレクトボンディングは直接歯に詰め物を行うため、段差ができにくくなっています。

大きな虫歯で欠けた歯 審美的な被せ物治療 福岡市城南区の患者さま

2018年04月7日

 

今回は、虫歯が原因で大きく欠けてしまった歯の治療を行いました。

下の写真が治療前の状態です。歯が欠けてしまい、ほとんどなくなっているのが分かります。

 

上から見たところです。歯の中がむき出しになっています。茶色くなっている部分は虫歯菌に感染しています。

 

麻酔を行い、歯の上に被った歯茎の形を整えます。ピンク色の虫歯染色液を使い虫歯を除去していきます。

 

虫歯を取りきると、歯はほとんど残っていません。このままでは被せ物治療をすることはできないため、まずはダイレクトボンディングを行い虫歯で失われた歯の形を回復させます。

 

ダイレクトボンディングで歯の形を作っていきました。

 

緑色のラバーダムシートを外してはの形を整えていきます。

 

横から見ると、このようになっています。歯の形を整えて上から被せ物ができるようにしていきます。

 

形を整え終えたら型取りの準備をしていきます。歯の周りに糸を入れ型取りがしやすい状態にしていきます。

 

型取りしたものの写真です。糸を入れたことにより、歯と歯茎の境目がはっきりわかるようになっています。

 

型取り材に石膏を流し込み模型を作成します。この模型に合わせて被せ物を作っていただきます。

 

横から見たところです。

  

 

実際にお口の中に取り付けを行いました。歯の形、色は本物の歯に近づけて作っています。

 

横から見たところです。周りの歯と見比べても違和感はありません。

 

MI治療 削る量を最小限に抑えた治療 福岡市博多区の患者さま

2018年04月3日

 

今回は、虫歯の治療を行いました。下の写真は治療前の状態です。一見するとどこに虫歯があるか分かりません。

 

歯と歯の隙間の部分を少し削ったところです。中は変色し、虫歯になっているのが分かります。このように見た目では発見しにくい虫歯もたくさんあります。大きくかけたり、痛みが出てから治療を行うと必要以上に歯を削ることになります。

 

虫歯菌に感染しているところだけ削り取っています。必要以上に歯を削らないことが、歯を守る上で大切です。しかし、虫歯を取り残しては治療した意味がなくなるため、虫歯だけをしっかりと取り除くことが重要です。

 

虫歯を全て取り終えたところです。

 

隣の歯との隙間も虫歯になっていたため、横から穴を開けて除去しています。

 

ラバーダムシートをかけてダイレクトボンディングを行います。唾液の中には虫歯菌も含まれています。その唾液が歯についたまま治療を行なってもしっかりとした治療ができません。ラバーダムシートを使用すると唾液が歯に付着しなくなるため、精度の高い虫歯治療が可能です。

 

横の穴にも唾液が入り込まないようになっています。

 

歯の形を作るためにセロハンの膜を入れ型を作ります。

 

できた方に樹脂を流し込んでいき、治療を進めます。

 

横の穴も同様に型を作って樹脂を流し込んでいきます。

 

治療が終わったところです。詰め物と歯の間に段差や隙間はありません。

 

横のところも問題ないようです。歯に対するダメージが低い治療になっています。

ファイバーコア治療 歯に対するダメージが少ない治療 福岡市東区の患者さま

2018年03月31日

 

今回は、歯の根の治療(根管治療)を行いオールセラミッククラウンを被せていきました。

下の写真は治療前の状態です。歯には黄色い蓋がしてあります。

 

蓋を外したところです。根の治療は終了しておらず中途半端な状態です。してあった蓋には隙間があったため歯の淵や内側には汚れが溜まり、虫歯になっていました。

 

虫歯の部分はしっかりと取り除き、歯の根の治療も最後まで行いました。ピンク色に見えるものが根の中に入れた最終的な薬です。ここまでの治療で歯の大部分はなくなっています。この後被せ物をつけていくために、まずは土台を作る必要があります。この歯の型取りを行い、ファイバーコアという土台を作ります。

 

できたファイバーコアを取り付けました。歯に入れる土台は大きく二つに分けられます。金属製の土台とファイバーコアという土台です。二つの土台は材質が異なりそれぞれ硬さも異なります。金属製の土台は硬すぎるため歯を痛めてしまう可能性があります。今回は歯の硬さにより近いファイバーコアを使用しました。

 

形を整えて型取りを行いました。

 

型取りしたものに石膏を流し込みお口の中の模型を作ります。

 

この模型に合わせて被せ物を作っていただきます。

 

できた被せ物を実際に取り付けました。歯の色、形とも問題ありません。

虫歯のなさそうな歯でも 深い虫歯治療 福岡市東区の患者さま

2018年03月24日

 

今回は、一見すると虫歯にはなっていないように見える歯の治療を行なっていきました。今回治療を行なったのは、写真中央の右奥から2番目の歯です。噛み合わせの面をよく見るとやや色が異なるところがあります。この歯は以前に虫歯になって治療を行なったことがあり、その時に行なった詰め物が少し変色しているようです。

 

詰め物のところを削っていき、中の状態を確認していきます。中はうっすらと黒くなっているのが分かります。

 

さらに削っていきました。やはり中は虫歯になっていました。

 

虫歯染色液を使用して染まったところを徹底的に取り除いていきます。虫歯を取りきらずに治療を終えると、知らず知らずのうちに虫歯が大きくなり、痛みが出ることもあります。

 

横の歯も小さな虫歯になっていました。取り除き、同時に治療を行なっていきます。

 

ラバーダムシートをかけてダイレクトボンディングを行います。奥の歯の治療を先に行います。

 

奥の歯の治療が終わりました。次に手前の歯の大きな範囲を埋めていきます。

 

歯と歯の隙間の形をセロハンの膜で作ってそこにコンポジットレジンを流し込んでいきます。

 

形を作り終えました。

 

ラバーダムシートを外して研磨を行いました。もちろん虫歯の取り残しはありません。治療した境目も段差がないようにしているため汚れがつきにくくなっています。この歯がさらに虫歯になる可能性は低くなります。

虫歯の治療 銀の詰め物を使わない治療  福岡市早良区の患者さま

2018年03月20日

 

今回は虫歯治療を行いました。写真中央には銀の詰め物で治療された歯が写っています。今回治療を行なったのはその歯の左右の歯です。右側の歯は銀の詰め物が入っていましたが外れてしまっています。左の歯は隣の歯との隙間がかけています。この下のところが虫歯になっているようです。

 

まずは虫歯を取り除いていきました。左の歯もここまで大きな虫歯になっていました。

 

虫歯を取りきった後は、ラバーダムシートをお口にかけてダイレクトボンディング治療を行います。虫歯を取るところまでは銀の詰め物治療と同じですが、ダイレクトボンディング治療では型取りを行わずに直接コンポジットレジンを詰めていきます。

 

ラバーダムシートを使わずに治療を行うとレジンがしっかりと接着しないため余計に虫歯のリスクは高くなってしまいます。歯と歯の隙間の部分はセロハンの膜を入れて形を作り、治療を行います。

 

右側の歯の治療が終わりました。続いて左側の歯の治療も行います。

 

右側の歯と同じように治療を行なっていきます。

 

左側の歯の治療も終わりました。ラバーダムシートを外し研磨をしていきます。

 

 

研磨を終えたところです。真ん中には銀の詰め物が残っています。今回治療した歯は銀の詰め物治療した歯と比べ、隙間などはないため虫歯になりにくくなっています。

精密治療 多数歯治療 予知性の高い治療 福岡市中央区の患者さま

2018年03月13日

 

今回は、多数歯の治療を行いました。

下の写真は治療前のものです。中央の歯には白い詰め物がしてあります。よく見るとその下がうっすら黒くなっているのが分かります。

 

詰め物を外したところです。黒く透けていたところは虫歯になっていました。隣の歯との隙間のところはさらに大きな虫歯が広がっています。

 

虫歯検知液を使用して取り残しがないように虫歯を除去しました。広い範囲が虫歯になっていたことが分かります。

 

虫歯を取り除いたことにより歯の形が失われています。この状態では治療を進めていくことができないため、まずはダイレクトボンディングで歯の形を回復させます。

 

ダイレクトボンディングを行い歯の形を整えました。

 

 

この後は、被せ物をしていくために歯の形を精密に整えていきます。型取り、模型の作成を行い、この歯にあった被せ物を作成します。

 

できた被せ物を取り付けました。周りの歯と比べて汚れが溜まりにくい形になっているため、この歯は虫歯になりにくくなっています。

 

 

今回は手前の二本の歯の治療も行いました。

 

 

銀の詰め物を外すとこのように汚れていました。ここから虫歯になり気づかないうちに大きくなっていくというのはよくあります。

 

歯茎のキワのところまで虫歯が広がっています。

 

虫歯を取りきるために歯茎の形を修正しています。虫歯になっているところは全て取りきりました。黒い部分が残っていますが、虫歯検知液を使用しても虫歯と判定されない部分なので取り除く必要はありません。

 

ラバーダムシートをかけてからダイレクトボンディングを行います。

 

セロハンの膜、楔で歯の形を作り、コンポジットレジンを詰めていきます。

 

手前の歯の同様に治療していきます。

 

ダイレクトボンディングが終わりました。ラバーダムシートを外し、形の修正、研磨を行います。

 

 

研磨が終わったところです。治療跡は分かりません。しっかりと虫歯を取りきり、隙間段差ができないように治療しているため、治療前の状態のようにはなりにくくなっています。

段差の大きな詰め物 インレーのやりかえ 虫歯になりにくい治療 福岡市南区の患者さま

2018年03月10日

 

今回はダイレクトボンディング治療を行ないました。

下の写真は治療前の状態です。写真中央の歯にはハイブリッドインレーと言われる詰め物が入っています。一見すると色も白いし虫歯や悪いところはなさそうに見えます。

 

歯を真横から見たところです。歯と詰め物の間には大きな段差があり汚れがたまりやすくなっています。インレーは複雑な行程をいくつも経て作られます。その行程の中でわずかな誤差が生じると、最終的にできた詰め物は隙間や段差のおおきなものになってしまいます。隙間や段差があると、その部分に汚れが溜まりやすくなり虫歯になるリスクは高まります。

 

詰め物を外しまし中の汚れを取り除きました。詰め物を作成する場合はここから型取りをしていきますが、ダイレクトボンディングでは型取りはせずに直接コンポジットレジンという材料で埋めていきます。

 

緑色のラバーダムシートを使い歯に唾液などが付かないようにしてから治療していきます。歯の形を回復するためセロハンの膜を使い型を作りそこにコンポジットレジンを入れ形を作っていきます。

 

治療後の状態です。インレーの時のような隙間や段差はありません。

 

横から見たところです。段差は無くなっているため汚れは溜まりにくく、虫歯にもなりにくいです。

 

大きな虫歯治療 MTAセメント 神経を取らずに特殊な薬で治療 福岡市早良区の患者さま

2018年03月6日

 

今回は虫歯治療を行いました。

下の写真が治療前の状態です。二つの歯が黒い虫歯になっているのが分かります。

 

黒い虫歯を取り除いていきました。左側の歯から治療を進めています。虫歯を取っていくと歯の中の神経が露出しました。通常このように神経が露出してしまった場合は神経の治療が必要になります。神経の治療を行うと歯がしみたりズキズキ痛むことはなくなりますが、少しづつ歯自体が脆くなり最終的には割れてしまうことが多くなります。

 

今回は神経の治療を行わずにMTAセメントという特殊な薬を使用し、治療していきました。白く見えているのがMTAセメントです。この薬がうまく作用すれば神経の治療を避けることができます。

 

薬の家からダイレクトボンディングを行います。ラバーダムシートを使用しているため歯と詰め物はしっかりと接着します。神経が露出した際、MTAセメントを使用しましたがその時もラバーダムシートをすることにより唾液が入り込むのを防いでいます。唾液の中には様々な菌がいるので治療部位に触れないようにすることが大切です。

 

リングやセロハンの膜を使用しては歯の形を作っていきます。

 

歯の形ができました。シートを外して研磨を行います。

 

左側の歯の治療が終わりました。この時はしっかりと麻酔が聞いているため痛みはありません。治療した歯に痛みが出ないか確認するため少し期間をあけて奥の歯の治療を行うようにしました。

 

後日撮影した写真です。手前の歯は痛みはなく経過良好でした。ズキズキとした痛みが続く場合は神経を取る治療が必要になりますが今回は必要ありませんでした。

 

 

右側の歯も同じように虫歯を取り除きます。治療した左側の歯を傷つけないように金属の板を歯の隙間に入れ虫歯を取っていきます。

 

左側の歯の時と同じようにラバーダムシートを使用し、ダイレクトボンディングを行います。

 

 

治療後の状態です。痛みもありません。神経の治療を避けることができたためこの歯が悪くなるリスクは低くなりました。ダイレクトボンディングをしたことにより治療した部位に段差はないため汚れもたまりにくくなっています

1234...10...

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様の歯に対するお悩み・ご希望を院長が直接お伺いする「個別相談」を実施しています。毎月人数は限定させていただいておりますが、お口のお悩みを何でもご相談いただけます。まずはメールもしくはお電話にて予約を取っていただきご来院ください。

  • 無料相談
  • インターネット予約

〒814-0101 福岡県福岡市城南区荒江1-32-16

  • 駐車場4台完備
  • 092-821-4182
9:30~13:00–∗
14:30~19:00–∗–∗

※土曜日は17:00までの診療になります。

※祝日のある週の木曜日は19:00まで診療。

患者様の声

当院で歯科治療を受けられた患者様から頂いたご感想をご紹介しております。
ご興味がある方は、患者様の声をご覧ください。

患者様の声

症例集

症例はこちらをご参照ください。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後