歯と歯の間から進行している虫歯、ダイレクトボンディングで治療した症例。福岡市城南区の患者さま

2017-08-19

 

今回は、歯と歯の間から進んだ虫歯をダイレクトボンディングで

治療した症例です。

治療前の状態です。

一見すると、どこが虫歯になっているかは分かりません。

 

少し歯を削っていったところです。

中は黒っぽく変色し、虫歯になっていることがわかります。

 

さらに虫歯を取り除いていったところです。

歯と歯の間に黒い虫歯が目立ちます。ここに溜まった磨き残し

により虫歯が進んでいったと考えられます。

 

虫歯の染色液を使用したところです。

虫歯になっているところはピンク色に染まります。

隣の歯も虫歯になっていました。

 

染色液を使っても染らなくなるまで虫歯を除去していきました。

 

ラバーダムシートをかけていきます。

使用することにより、治療をしやすくなるだけでなく、

歯の表面に湿気が付着しないため、歯と詰め物とがひっつく力は

低くなることはありません。

 

自然な歯の形を作っていくために様々な器具を駆使します。

今回はセロハンの膜を歯の間に入れ、その膜が動かないように

黒いリングで固定しています。

ここで作られた形に沿って詰め物を行なっていくと、

適切な形を作ることができます。

 

奥の歯を先に詰めていきました。

 

横から見たところです。

段差や隙間はありません。

 

次に手前の歯も同じように器具をつけていきます。

 

詰め終わったところです。

ここまで終わるとラバーダムシートを外して噛み合わせの確認

研磨を行なっていきます。

 

最終的な状態です。

治療前の形とほとんど違いはありません。


カテゴリー 治療症例集

銀歯の下の虫歯をダイレクトボンディングで治療 福岡市早良区の患者さま

2017-08-08

 

今回は銀歯の下で広がっていた虫歯をダイレクトボンディングで

治療した症例です。

銀歯が外れてしまい来院された患者さまです。

写真中央の歯には虫歯があります。今まで銀歯が入っていた

のですが、その銀歯の下ではこのような状態に立っていました。

このように、銀歯が外れて虫歯が発覚し、治療となるケースは

よくありますが、虫歯が進んでいるにもかかわらず、

銀歯が外れずに発見が遅れてしまい、治療の範囲が大きく

なってしまうということもよくあります。

早期に虫歯を発見し、最小限の治療で済ませるには

定期的にきていただき、お口の中の状態を把握することが

大切です。

 

虫歯を取り除いた後です。

虫歯のところは、歯が柔らかくなっています。

この写真では、黒いところが残っていますが、この黒い

ところは硬くなっており、取り除く必要はありません。

 

ラバーダムシートをかけて詰め物と歯がしっかりと接着

できる環境を作ります。

湿気は接着を妨げます。ラバーダムシートを使用

することにより、治療する歯に湿気がつくことを

防ぎます。

 

歯と歯の隙間に、セロハンの膜やその固定に使う器具を入れ、

歯の側面の形を作っていきます。

 

次に噛み合わせの面も自然な形を作っていきます。

詰めていくときに、段差や隙間ができないように

少しずつ丁寧に進めていきます。

治療後の写真です。

隙間はないため、治療したところから再び虫歯

になる可能性は低くなっています。


カテゴリー ダイレクトボンディング, 治療症例集

銀の詰め物の隙間から進んだ虫歯を精密なセラミックで治療2 福岡市中央区六本松の患者さま

2017-08-05

 

今回は、前回に引き続き銀の詰め物の隙間から進んだ虫歯を

精密なセラミックで治療した症例です。

写真中央の歯には銀の詰め物が入っています。

前回の治療ではこのような詰め物を外すと、黒い虫歯が現れました。

まずは詰め物を外して確認していきます。

 

詰め物を外していきました。

やはり奥の方を見ると歯の縁のところから黒い虫歯が

進んでいます。

 

虫歯を除去していくと、歯の表面だけでなく、中の方にも

虫歯が広がってきていることがわかりました。

虫歯検査の液を使いながら、取り残しがないようにしていきます。

 

虫歯を取り終えると、セラミックの詰め物を作るための形を

整えます。できるだけシンプルに、なめらかに整えていきます。

こうすることにより、より隙間なく精密に出来上がります。

 

 

色合わせも行います。

患者さん一人一人にあう色は違うため、写真のように

指標となる色を合わせていき写真を撮っていきます。

このような写真とお口の中の模型を歯科技工士さんにお渡しして

作成をお願いしています。

 

シリコン製の型取り材でお口の中の型取りを行いました。

 

今回の症例は前回の続きです。

前回とは反対側の治療をクローズアップしています。

この全体の型取り写真を見ると、今回のものが左側で

前回の症例が右側です。このように二つ一度に型取り

することも可能です。

 

型取り材に石膏をなが仕込みできたお口の中の模型です。

歯と歯の隙間に切れ込みを入れて作業がしやすいように

しています。

この模型と歯の色の写真を参考にして歯科技工士さんに

詰め物を作っていただきました。

 

 

出来上がったセラミックの詰め物を取り付けた後の写真です。

隙間なく取り付けできています。

二次的な虫歯になる可能性も低くなりました。

 

 

 

 


カテゴリー 審美歯科, 治療症例集

銀の詰め物の隙間から進んだ虫歯を精密なセラミックで治療

2017-08-01

 

今回は、銀の詰め物の隙間から進んだ虫歯を、精密なセラミック

で治療した症例です。

 

治療前の状態です。奥の歯には銀の詰め物が入っています。

今回はこの詰め物を外して治療していきました。

 

銀の詰め物を外したところです。

黒い虫歯が確認できます。

歯ブラシの先が届きにくく、汚れがたまったままになりやすい

場所です。銀の詰め物の精度には限界があるため、

二次的な虫歯になる可能性も高くなります。

 

虫歯を全て取り切ったところです。

手前の歯との隙間も虫歯になっていました。

 

虫歯になっていたところは削った範囲が大きいため、

そのままで形を整えていくと、より歯を削らないといけません。

なので、ラバーダムシートをかけて、虫歯で歯を削ったところを

ダイレクトボンディングで埋めていきます。

 

ダイレクトボンディング後、しっかりと形を整えていきます。

 

形を整え終わると型取りです。

精密なシリコン製の型取り材を使用しています。

紫色、黄色の二種類を使用することで、より精度が高くなります。

 

型取り材に石膏を流し込みできたお口の中の模型です。

この模型にあった詰め物を歯科技工士さんに作成していただきます。

 

お口の中に取り付けをしたところです。

色や形に問題はありません。精度も高いため、隙間や段差が

なく、ここから虫歯になる可能性は低くなっています。

 


カテゴリー 治療症例集

3mix治療 デメリットとして歯が変色することが・・・その解決とは

2017-07-30

3mix法は場合によっては有効な治療法ですが、

時には歯が変色してしまうというデメリットがあります。

今回は不幸にも他院にて3mix治療により歯が変色してしまい

当院にてダイレクトボンディングで修正した症例です。

問題の歯ですが、写真中央の歯です。

緑色に変色しています。

特に痛みなどはないですが、色が気になるため治療を受けたい

ことで来院されました。

 

以下が一連の治療の流れです。

なんとか色の問題を解決しました。

3mix法は確立した治療法とは言えず、まだ民間療法の域と

言えるのかもしれません。

治療を受ける際は、しっかりとインフォームドコンセントが

必要でしょう。

 

  


カテゴリー ダイレクトボンディング, 審美歯科, 治療症例集

噛む力で銀歯がダメージを!銀歯の下も虫歯でダイレクトボンディングにて治療

2017-07-29

 

今回は、噛む力により表面がすり減ってきており

ザラザラになっている銀歯をダイレクトボンディングで

治療した症例です。

 

写真中央の歯には銀の詰め物が入っています。

取り付けた当初は噛み合わせの面などに凹凸があったはずですが、

毎日の食事ですっかりすり減ってしまっています。

今回はこの歯をダイレクトボンディング治療していきました。

 

まずは銀の詰め物を外していきます。

表面に白く見えているのが銀の詰め物を引っ付かせていた

セメントです。

詰め物が古くなると、このセメントがボロボロになりかけて

しまったり、溶けてしまいます。

歯と詰め物はこのセメントの力だけでくっつけているので

劣化しますし外れることもあります。

 

この劣化したセメントを取り除き、虫歯染色液で染めた写真です。

ピンク色に染まっているところが虫歯です。

セメントが劣化すると歯と銀歯の隙間が大きくなり、

そこに虫歯菌が入り込んでこのようになってしまいます。

 

虫歯を取り切ったところです。

虫歯染色液に染まらないことを確認しています。

 

虫歯をとり終え、ラバーダムシートをかけていきます。

歯の形は、個人で様々です。

ラバーダムシートを固定するために使う器具もたくさん

種類があり、一番合うものを使用しています。

 

歯の側面の形を移行的に、隙間なく作るためにセロハンの膜を

歯の間に入れ、それを青いリングで抑えています。

この通りに詰めていくと、隙間なく治療することができます。

 

歯の側面を作った後は噛み合わせの面を詰めていきます。

歯が持つ本来の凹凸や形を作っていきます。

 

治療終了後です。

ラバーダムシートを使用しているため唾液や呼気が

歯に接触することなく治療することができます。

そして直接歯に接着しているので、隙間が全くありません。

この詰め物は歯とほぼ同じ硬さなので

他の歯と同じようにすり減ってくれます。

もしかけたりしても再度詰め物を盛り足して治療できます。

現時点では歯にとって最も負担が少ない治療法と言えます。

 

 


カテゴリー ダイレクトボンディング, 審美歯科, 治療症例集

金歯の下の虫歯の治療。 虫歯が大きい場合はダイレクトボンディングを行なった後にセラミック治療が効果的

2017-07-25

 

今回は金属の詰め物の下の虫歯をセラミックの被せ物で治療し、

二次的な虫歯になりにくいようにした症例です。

 

治療前の状態です。

写真中央の歯には金属の詰め物が入っています。

表面はすり減っており、詰め物の下で虫歯が広がっているため

やりかえていくことになりました。

 

金属の詰め物を外していきました。

この状態ではしっかりとどこにどのくらいの虫歯があるかどうかは

正確にはわかりません。

 

ピンク色の虫歯染色液を使用すると、虫歯の場所のみ染まります。

これで染まったところを削り取っていき、再度染色液で確認します。

これを、染らなくなるまで繰り返します。

 

虫歯をしっかりと取り除いたところです。

虫歯染色液には染まりません。

かなり深いところまで虫歯が進んでいました。

残りの歯も少なくなっており、直接セラミックで治療するのも

難しいので、まず最初にダイレクトボンディングを行い

その後オールセラミックで治療する計画を立てました。

 

ここからラバーダムシートをかけていきます。

ラバーダムをすることで周りから呼気や唾液が

入り込まないようにできます。

虫歯が相当に深く、通常の型とりができない部位なので

奥の歯の形はレジンで作るのが最も精度がいい治療ができます。

歯茎の下の虫歯が深かったところを金属の膜で囲んでいきます。

 

この中にレジンを流し込み固めます。

この樹脂に光をあてると固まります。

これで歯の形ができます。

 

金属の膜を外したところですが、スムーズな歯の形ができています。

 

 

ここからセラミックの被せ物を作るために歯を形成します。

最終的にはどのようた形の被せ物が入るのかをイメージしながら

形を整えます。

 

形を整え終わると型取りをしていきます。

シリコンの型取り材を使うことで、型取り材自体が変形するのを

防ぐことができます。

 

シリコンの型取り材に石膏を流し込んで作成したお口の中の模型

です。型取り材の変形はほぼないため、この模型にしっかりと合う

被せ物を作ればお口の中に合わせてもほとんどズレがありません。

 

作成した被せ物を模型に合わせています。

横から見たところです。

 

隙間などはなく精密にできています。

 

お口の中に合わせていきます。

上から見たところです。歯の色や形に問題はありません。

 

横から見たところです。隙間などはないため

二次的な虫歯になる可能性は低くなっています。


カテゴリー ダイレクトボンディング, 審美歯科, 治療症例集

白い詰め物で治療してあるが、二次的な虫歯になっている歯をダイレクトボンディングで治療した症例

2017-07-22

 

今回は、すでに白い詰め物で治療してあるが二次的な虫歯になっている

歯をダイレクトボンディングで治療した症例です。

 

治療前の写真です。

写真中央の歯には白い詰め物が入っています。

しかし、歯と詰め物の段差が目立ちます。

また、歯が本来持ち合わせている細かな溝などはなく、のぺっとして

います。

 

横から見たところです。

歯と詰め物に段差があるためそこに汚れが溜まりやすくなって

います。中は虫歯になっています。

 

詰め物を外しているところです。

やはり中は大きな虫歯になっていました。

隣の歯を傷つけないように金属の板を挟んでいます。

歯と歯の間はとても狭いので、歯を削る道具を入れると

隣の歯に当たってしまう危険性があります。

そういったときに金属の板を入れることにより、金属の板に傷は

つくものの、隣の歯を傷つける事はなくなります。

 

虫歯を取り切ったところです。

白い詰め物がしてあった歯の隣の歯もそれぞれ虫歯になっていました。

歯と詰め物の間の段差に汚れが溜まり、お掃除もしにくいような

状態になっていたことが虫歯の原因でしょう。

 

虫歯を全て取り切ると、ラバーダムシートをかけていきます。

お口の中から治療する歯だけを隔離するのが目的です。

しっかりと詰め物をしていくためにはラバーダムシートは

必須です。

お口の中の湿気を遮断することにより、詰め物がしっかりと

歯に接着します。また治療している部位も見やすいため、

段差などできにくくなります。

 

まずは両脇の歯から詰めていきました。

 

次に中央の歯です。

歯の形を作るためのセロハンの膜や、その膜を固定するための

器具が装着されています。

この段階で隙間ができていた場合詰め物にも段差ができるので、

とても細かい調整が必要です。

 

 

詰め物をしていったところです。

歯と歯の間の形だけでなく、噛み合わせの面も細かい溝が

入っており、歯が持つ本来の形に近くなっています。

 

ラバーダムシートを外し、噛み合わせの調整、研磨を行いました。

歯自体が乾燥しているため通常の状態よりも白くなっています。

詰め物の色の違いが見られますが、歯の色が元に戻るとほとんど

わからなくなります。

 

横から見たところです。

詰め物の段差などは見られず、お掃除もしやすい状態となっています。


カテゴリー ダイレクトボンディング, 審美歯科, 治療症例集

前歯の隙間をダイレクトボンディングで修復した症例

2017-07-18

 

今回は、前歯の隙間をダイレクトボンディングで修復した症例です。

 

治療前の写真です。上の前歯の間には隙間があります。

この隙間をダイレクトボンディングで塞いでいきます。

歯茎を見ると、全体的に赤みがかっているのが分かります。

この状態は、触るとすぐに血が出てしまうような、炎症が起きて

いる状態です。

このままでは、治療がしっかりと行えないためまずは炎症を

取り除く必要がありました。

 

 

汚れをしっかりと落としていき、ご自宅では歯磨きにも力を入れて

いただきました。

歯茎の赤みはなくなり、ピンク色の健康な歯茎になっています。

この状態なら治療しても問題ありません。

 

まずはお口の中の型取りを行います。

下の模型では、歯の隙間の部分に蝋を用いて形を足しています。

どこにどのくらいダイレクトボンディングを行えばいいかの

基準となります。

 

この状態で、この模型をさらに型取りします。

 

この型取り材をお口の中に合わせると、型取り材と歯の間に

隙間ができました。

この隙間をダイレクトボンディングで埋めていきます。

この型取り材を使用することにより、術前の計画からズレが

出ることがなくなります。

 

 

まずは歯の表面に付いている汚れを落としていきます。

紫色に染まっているところが汚れが残っているところです。

虫歯ではないため歯を削る必要はないですが、汚れを残したまま

ダイレクトボンディングを行うのはよくありません。

 

汚れを取り除いたのち、ラバーダムシートをかけます。

呼気や唾液などの湿気が歯につかないようになっています。

この状態で歯と詰め物がしっかりと接着するように歯の表面処理を

行なっていきます。

 

表面処理が終わり、歯の隙間を埋めていきました。

型取り材を合わせながら進めていくことで、ズレがなくなります。

 

 

ラバーダムシートを外したところです。

歯と歯の間の隙間はしっかりと埋まっています。

歯の色も問題ないようです。


カテゴリー ダイレクトボンディング, 審美歯科, 治療症例集

色や境目が目立つ前歯の被せ物を、セラミックでやりかえた症例

2017-07-15

 

 

今回は、色の違いや、歯と歯茎の境目が目立つ前歯を

セラミックの被せ物でやりかえを行なった症例です。

 

写真中央の前歯二本とその右側の歯は、他の歯と色が異なっています。

色の違いだけでなく、歯と歯茎の間に黒い隙間ができてしまっています。

今回はこの前歯3本をセラミックの被せ物でやりかえた症例です。

 

まずは、古い被せ物を外していきます。

被せ物の下は汚れが入り込んでいました。歯の縁も黒い虫歯に

なっています。

 

虫歯や汚れている部分を取り去ったところです。

このままでは土台が小さく細いものとなるため、必要な部分を

足していきます。

 

土台を盛り足し、形を整えたところです。

銀色の土台が入っていると、被せ物をつけたあと色が透けてしまう

可能性がありますが、もう心配ありません。

 

この状態で仮歯を作成しました。

噛み合わせが問題ないことを確認しています。

 

後日、問題ないことを確認したので型取りを行なっていきます。

先に歯の色を合わせていきます。

歯は乾燥するとより白くなるため、型取り後などでは正確な

歯の色合わせができません。

まず初めにはの色を合わせておくのが大切です。

 

歯と歯茎の隙間に糸を入れていきます。

この糸を入れておくと歯と歯茎の隙間が広がります。

型取りの直前にこの糸を外すと、できた隙間に型取り材が流れ込んでいき

より正確な歯の型取りが出きるようになります。

 

シリコン製の型取り材の写真です。

糸を直前まで入れていたため、歯と歯茎の境目もくっきり

分かります。

 

シリコン製の型取り材を元に作成したお口の中の模型です。

お口の中を正確に再現しています。

もちろん前歯も同じ状態が再現されています。

この模型を元に、被せ物を作成していくのです。

 

できた被せ物です。

 

模型に合わせているところです。

ピタリと形や大きさは合っています。

この模型は正確におきちの中を再現したものなので、被せ物は

お口の中でもピタリと合うはずです。

 

お口の中に合わせて取り付けたところです。

しっかりと色、形、大きさが合っています。

以前のような隙間も見られません。


カテゴリー 審美歯科, 治療症例集