オンライン診察予約
詳しいご相談内容のある方はお電話にてご予約をお願いします

24時間WEB予約

佐伯歯科クリニック

〒814-0101 福岡県福岡市城南区荒江1-32-16(早良区とも近い歯医者)

  • 駐車場4台完備
  • 092-821-4182
  • 「平日」9:30~19:00
  • 「土曜」9:30~17:00
  • ※祝日のある週の木曜日は
    19:00まで診療

Web予約

治療症例集 |佐伯歯科クリニック|福岡市早良区・西新近くの「予防型」歯医者・歯科 荒江

キービジュアル

Menu

精度の高いインプラント治療 インプラントガイド 残せない歯 福岡市中央区の患者さま

2018年10月13日

 

今回は、 インプラント治療を行いました。

下の写真は治療前の状態です。中央の歯は銀歯が入っており痛みや不快感がありました。

 

レントゲン写真です。歯の根の中に白い線が見えますが、根の中に入れたお薬が映ったものです。お薬が入っているという事で根の治療はしてあるのですが、よく見ると根の周りが黒っぽくなっている様に見えます。根の周りに汚れが繁殖しているとこの様に黒く映ることがあります。根の際治療を行い、汚れを取り除くことになりました。

 

被せ物を外してラバーダムシートをかけていきました。シートを使用することにより根の治療中に汚れが入り込むのを防ぎます。

 

土台を外したところです。

 

拡大してみて見ると、歯の中に赤い部分が見えます。この部分はパーフォレーションといって歯に穴が開いていました。パーフォレーションの起こった歯は予後が悪く、痛みや不快感もこの部分が原因であると考えられました。

 

パーフォレーションの部位に特殊な薬を詰めていきました。

 

レントゲン写真です。白っぽい薬が丸く映っているのが分かります。この後しばらく経過を見ましたが症状は改善せず、抜歯を行うこととなりました。

 

抜歯を行いました。この部分にはインプラント治療を計画しているため、抜いた後は歯茎や骨の再生を待ちました。

 

抜歯後の傷が治ったところです。

レントゲン写真です。

 

事前に作成しておいたインプラントガイドを使用してインプラント治療を行います。インプラント治療は骨の中にインプラント体というネジを埋め込んでいくのですが、フリーハンドで治療を行うと事前に計画していた位置からズレてしまう恐れがあります。インプラントガイドを使用すれば計画した方向にしかネジが進んでいかないため、ズレる恐れが無くなります。

 

インプラントの埋め込み治療が終わりました。骨とくっつくのを待ちます。

 

レントゲン写真です。ネジの様なギザギザが見てとれます。

 

しっかりと骨と結合したことを確認し、被せ物を作っていきます。被せ物自体に穴が開いており、小さなネジでインプラント体に固定できる様になっています。

 

穴を樹脂で埋めて治療終了です。以前の痛みや不快感もなくなっています。

 

 

大きく欠けた歯の治療 セラミック治療 審美性 福岡市中央区の患者さま

2018年09月22日

 

今回は、セラミックの被せ物で歯の形を回復していきました。

下の写真は治療前のものです。中央の歯は下半分が大きく欠けているのが分かります。以前、被せ物治療がされてあったのですが外れてしまいこの様になっています。

 

ピンク色の虫歯染色液を使い、虫歯の部分だけを染め出しました。黒い部分はあまり染まってはおらず、一見虫歯には見えない白い部分がピンク色に染まっているのが分かります。

 

ピンク色に染まった虫歯の部分だけを取りきりました。黒い部分は残っていますが、虫歯ではないので取り除く必要はありません。

緑色の膜をお口にかけて、呼気や唾液が歯の表面につかない様にしています。

 

この状態で歯の形を整えるため、ダイレクトボンディングを行います。歯の表面に直接樹脂を接着させる方法のため、緑色のラバーダムシートで歯を乾燥させる必要があります。

 

ダイレクトボンディング後は、歯の形を削り整えます。

 

型取りを行う前に歯の色合わせを行ないます。周りの歯の色を参考にして行います。

 

型取りしたものの写真です。黄色と紫色の二つの型取り材を使用し、精度の高い型取りを行います。

 

型取りを元にできた模型です。

 

この模型にあう被せ物を歯科技工士さんに作っていただきます。

 

できた被せ物を取り付けしたところです。見た目、精度とも問題なくできています。

外れた銀歯の下は虫歯に 悪くなりにくい治療 福岡市早良区の患者さま

2018年07月28日

 

下の写真は治療前のものです。

写真中央の歯は銀の詰め物が外れてしまっています。中をよく見ると黒っぽい虫歯になっているのがわかります。

 

外れてしまった虫歯をお口の中に戻したところです。この状態からは銀の詰め物の下では虫歯が広がっているとは分かりにくいです。今回たまたま詰め物が外れて虫歯を発見できましたが、隣の歯の詰め物の下も同じような虫歯になっている可能性があります。

 

詰め物を外して虫歯を取り除いたところです。虫歯だけが染まる染色液を使い取り残しがないようにしていきます。

 

虫歯をとり終えると、緑色のラバーダムシートをお口にかけていきます。治療部位が見やすくなるだけでなく治療の精度も向上します。

 

歯の形を回復するためにセロハンの膜や楔を使います。これらで作った壁に沿ってコンポジットレジンという白い樹脂を流し込んで固めます。

 

歯の形ができました。ここからはラバーダムシートを外して、噛み合わせの高さの調整、研磨を行います。

 

治療後の写真です。左右の銀の詰め物は歯と詰め物の間に段差や隙間がありますが、今回治療した歯にはありません。治療跡から汚れが入り込む心配もないので左右の歯と比べると悪くなりにくくなっています。

前歯の詰め物治療 形、色の改善 審美治療 福岡市東区の患者さま

2018年06月9日

 

今回は、前歯の詰め物治療を行なっていきました。

下の写真は治療前の状態です。前歯の隙間には詰め物治療がしてありますが、形もいびつで色も変色しています。このような詰め物の縁には汚れが溜まりやすく掃除もしにくいため歯茎の腫れの原因となります。

 

すぐに詰め物を外して治療を進めるのではなく、どのような形で詰め物治療を行うと良いのか審査していきます。型取りを行い、理想的な形になるように模型に蝋を盛りつけます。

 

蝋を盛りつけたあと、その形を記録し実際に治療で再現できるようにシリコーンで型をとります。

 

型取りしたものです。歯の形がはっきりわかります。

 

 

ここから実際に治療をしていきます。まずは古い詰め物を外していきます。

 

 

詰め物を外したあとは、ラバーダムシートをかけていきます。

 

シリコーンの型をお口の中に合わせていきます。この型に合うようにダイレクトボンディングを行います。

 

理想的な形を作っていきます。

 

治療後の状態です。歯の形は改善しています。治療中には歯が乾燥するためやや白っぽくなっています。

 

後日確認した時の写真です。歯の色も馴染み治療跡がわからないようになっています。

インプラント治療 精度の高い被せ物 福岡市城南区の患者さま

2018年06月5日

 

今回は、インプラント治療を行いました。

下の写真は治療前のものです。歯が一本ありません。この状態を放置すると隣の歯が傾く、噛み合わせの歯が飛び出すなどし噛み合わせ自体が悪くなります。そうなる前に隙間には歯を作る必要があります。

この隙間に歯を作るには三つの方法が考えられます。部分的な入れ歯、ブリッジ、インンプラントです。部分的な入れ歯を作る歯が傾くことは止めることができますが、噛むたびに沈み込むため噛む力としては弱くなります。ブリッジは左右の歯を削る必要があり、この場合は適切な治療とは言えません。インプラント治療は外科的な侵襲や治療期間はかかりますが治療後はしっかりと噛むことができ、周りの歯も傷つけない方法です。

 

今回は、ステントという器具を作成して治療を進めました。事前に計画した場所にインプラント治療ができるように方向を示す穴が空いています。

 

歯茎を切り、中の骨が見えるようにしていきます。

 

少しづつ穴を開けていきます。計画したとうりに治療を進めることができています。

 

インプラントを埋め込んだところです。

 

ネジ穴にカバーをつけて縫合を行いました。

 

しばらくすると歯茎を切った跡も無くなります。

 

レントゲン写真です。骨の中にインプラントが入っているのがわかります。

 

仮の歯を作成して、問題ないか確認していきます。

 

問題はなかったため、被せ物を作るための型取りをおこないます。写真のような模型を作成して、これにあった被せ物を作っていただきます。

 

被せ物ができました。真ん中に固定するための穴が空いています。この穴にネジを入れ込み、骨の中のインプラント本体と固定します。

 

 

お口の中に取り付けを行いました。穴の部分には樹脂で蓋をしています。周りの歯と見比べてもわかりにくくなっています。

 

取り付け後のレントゲン写真です。しっかりと骨と結合しているため、しっかりと噛むことができます。

精度の高い虫歯治療 ダイレクトボンディング 福岡市南区の患者さま

2018年06月2日

 

今回は、銀の詰め物を外して虫歯治療を行なっていきました。下の写真は治療前のものです。銀の詰め物が入っていますがすり減り、段差が目立ちます。

 

まずは銀の詰め物を外していきました。中を見ると大きな虫歯はないように見えます。

 

銀歯を歯につけていたセメントを取り除くと、その下が虫歯になっていました。外した後の写真と見比べると右側の部分に大きな虫歯があったことがわかります。

同じような銀の詰め物治療をするのなら、ここからさらに形を整え直して型取りを行います。型取りしたものに石膏を流し込み固め、お口の中の模型を作成しその模型に合わせて詰め物を作ってもらいます。一つの詰め物を作成するのにもいくつかの過程があります。この過程のどこかでわずかなエラーが生まれると、隙間、段差ができてしまうのです。

なるべくシンプルに治療を進めるためにダイレクトボンディングという方法で治療を行いました。

 

ダイレクトボンディングは型取りを行わずに直接コンポジットレジンという樹脂を詰めていく方法です。コンポジットレジンを歯にしっかりと接着させるには歯に唾液や呼気が付着しないのが大切です。ラバーダムシートというゴムのシートを使用して歯に水分がつかない環境を作ります。そうした上で、歯と歯の隙間を再現するためセロハンの膜やそれと固定する器具を使用します。

 

コンポジットレジンを流し込み歯の形を再現していきました。ここまで行いシートを外します。

 

噛み合わせの調整を行い、研磨を行いました。歯を乾燥させた状態で治療を行うため歯自体が白く変色しています。

 

後日確認したとくの写真です。歯の色は元に戻っています。コンポジットレジンとの色の境目もわからなくなっています。奥の歯にも古い詰め物が入っているため後日治療を行う予定です。

治療跡が目立たない 審美歯科治療 虫歯になりにくい治療 福岡市城南区の患者さま

2018年05月26日

 

今回は、二本の歯のダイレクトボンディング治療を行いました。下の写真は治療前のものです。一番奥の歯には銀の詰め物治療がされています。手前の歯には白い詰め物が入っているように見えます。

 

まずは、奥の歯の銀の詰め物を取り除いていきました。大きな虫歯はないように見えます。

 

角度を変えて手前の歯との隙間を確認しました。手前の歯は虫歯になっていました。

 

手前の歯の白い詰め物を取り外していきます。下には黒くなった虫歯が見えます。

 

詰め物、虫歯を取り除きました。虫歯染色液を使用し、取り残しがないことを確認しています。

 

通常の銀の詰め物治療とは異なり、ダイレクトボンディングは型取りを行わない治療法です。基本的には一回の治療で終了します。虫歯除去後は緑色のラバーダムシートと言われる幕を歯にかけていきます。このシートを使用することにより治療部位が見やすくなるだけでなく、唾液、呼気が歯に付着しなくなるため治療精度が向上します。

 

 

歯の形を再現するため、様々な器具を使用します。この形に直接詰め物治療を行なっていきます。

 

奥の歯の形を整えた後は、同じように手前の歯の治療を行います。

 

使用する詰め物の色も歯の色に似たものを使用しています。治療中は歯自体が乾燥し白くなっているため色の違いが少しわかります。

 

後日確認した時の写真です。歯の色も元に戻っているため、詰め物との境目も目立ちません。直接詰めていく方法なので、小さな隙間はできにくく治療箇所から虫歯になる可能性は低くなっています。

インプラントガイド 正確な治療 セラミッククラウン 福岡市南区の患者さま

2018年05月22日

 

今回は、ブリッジを外して治療を行なっていきました。下の写真は治療前のものです。被せ物がしてあります。よく見ると全て繋がっています。真ん中の二本の部分は歯がなく、右と左奥の歯で四本分を支えるブリッジという形になっています。

 

ブリッジを外しました。真ん中の二本の部分は歯がないことがわかります。二本の歯で四本分の力を支えるとなると、支える歯には大きな負担がかかります。今回は歯のない部分にインプラント治療を行い、負担を減らしていきました。

 

まずは、ブリッジの下で虫歯になっていたところを取り除き、形を整えました。

 

外したままの状態では治療を進めている間お食事がしにくくなるため、仮歯を取り付けます。

 

今回はインプラントガイドという装置を使用し、インプラント治療を行いました。治療前にどの位置にどれくらいの深さでインプラントを入れていけばいいのかを決め、その位置に正確に埋入できるようにガイドを作成します。ガイドを使用した状態では事前に決めた方向、深さまでしかインプラントを埋入できないため、ずれてしまうことが少なくなります。

 

インプラントを埋入したところです。

 

インプラントに丸いカバーをつけて糸で縫合していきます。

 

仮歯の形を修正してしばらく時間をおきます。

 

インプラントは骨と結合し、歯茎の傷もなくなっています。この状態から型取りを行います。

 

型取りしたものから作成した模型です。この模型に合わせた被せ物を作っていただきます。

 

できた被せ物です。インプラントの部分の被せ物には穴が空いています。これはインプラントと被せ物を固定するためのネジ穴です。万が一インプラントに問題が起きた場合被せ物の除去が容易になります。

 

お口の中に取り付けを行いました。ネジ穴はコンポジットレジンで埋めています。両奥の歯にはオールセラミッククラウンが入っています。それぞれの歯が一本ずつの力を負担するので、両奥の歯が悪くなりにくくなっています。

銀歯の下は真っ黒な虫歯 連続した歯の治療 福岡市西区の患者さま

2018年05月15日

 

今回は、銀歯の下の虫歯治療を行いました。下の写真は治療前のものです。3本の歯に銀の詰め物治療がしてあります。

 

まずは真ん中の歯の治療を行いました。銀の詰め物を外すと、中は真っ黒になっていました。黒くなっている部分が全て虫歯ではないので虫歯検知液を使用しながら慎重に削りとっていきます。

 

虫歯検知液が染らなくなりました。まだ黒い部分は残っていますが、虫歯ではないためこのまま治療を行います。

 

この歯はダイレクトボンディング治療を行いました。型取りが必要なく治療精度も高い方法です。緑色のシートから歯の頭だけを出して治療します。歯の形を作るためにセロハンの幕や緑色や青い楔を使用します。

 

歯の形はできているため樹脂を流し込み固めていきます。

 

噛み合わせの部分は、歯が本来持つ形を意識しながら形を作ります。

 

シートを外して磨いていきました。シートをかけたことにより一時的に歯茎が赤っぽくなっていますが治療した歯には特に問題ありません。

 

次に右側の歯の治療を行いました。

 

こちらの歯も詰め物を外すと中は真っ黒です。

 

虫歯検知液を使用しながら虫歯を取り除きました。先ほどよりも虫歯の範囲が大きいのがわかります。

 

緑色のラバーダムシートを使用してダイレクトボンディングを行います。

 

この歯は虫歯になっていた部分が大きかったため、先ほどのようにダイレクトボンディングで治療を終えるのが難しくなっています。歯の形をある程度整えるためにダイレクトボンディングを行い、被せ物をつけるための形を整えます。

 

ラバーダムシートを外して歯の形を整えました。歯を一周ぐるっと削りこの上から被せ物が入るようにします。

 

歯の型取りを行い被せ物が出来上がりました。

 

実際にお口の中に取り付けを行いました。今回はオールセラミッククラウンという被せ物を使用しました。色や形、精度も問題ないようです。

 

最後に左の歯の治療を行いました。この歯は歯が一部かけているのがわかります。

 

同じように銀歯を外して虫歯を取り除いていきます。

 

ラバーダムシートをかけてダイレクトボンディングを行います。シートをかけることにより樹脂と歯がしっかりと接着します。

 

歯の形を作り樹脂を流し込みます。

 

歯の形ができました。シートをつけたままでは噛み合わせの調整ができないため、外してから最終的な調整や研磨を行います。

 

治療後の状態です。3本の歯に大きな虫歯がありましたが、治療を行い特に問題ない状態になっています。

歯を長持ちさせる治療 根管治療 キレイな被せ物治療 福岡市城南区の患者さま

2018年05月12日

 

今回は、根管治療後に被せ物治療を行いました。

下の写真は治療前ものです。銀歯が入っていますが、細かい傷が目立ちます。歯の形も凹凸が削れて無くなっています。目に見える部分だけではなく、歯の根っこには汚れが溜まっていました。

 

まずはラバーダムシートを使用しながら根管治療を行います。通常根管治療は入っている被せ物は全て外して行いますが、被せ物を全て外すとラバーダムシートを取り付けるのが難しくなります。今回は、歯の中心にのみ穴を開けて治療を行いました。ラバーダムシートを使用すると治療部位が見やすくなる、唾液や血液が入りにくくなるなどの利点が生まれます。根管治療は細かい治療です。治療部位を見やすくすることにより精度が向上します。唾液などが入り込むのを防ぐ効果もあるため、細菌が入り込むのを防ぐことができます。ラバーダムシートを使用することにより治療の成功率は上がると言われています。

 

オレンジ色の薬を取り除き、根管内を綺麗に清掃します。その後、再度薬を詰め直します。

 

古い被せ物は取り外して、中に土台を入れました。歯の形を整えて型取りを行います。歯の周りに黒い糸が入っています。この糸を入れることにより、歯茎と歯の境界がわかりやすくなります。

 

型取りしたものです。精度の高いシリコーン製の型取り材を使用しています。

 

被せ物を取り付けました。横から見ても隙間などはありません。

 

歯の色、形も天然の歯に近づけて作成しています。

1234...10...

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様の歯に対するお悩み・ご希望を院長が直接お伺いする「個別相談」を実施しています。毎月人数は限定させていただいておりますが、お口のお悩みを何でもご相談いただけます。まずはメールもしくはお電話にて予約を取っていただきご来院ください。

  • 無料相談
  • インターネット予約

〒814-0101 福岡県福岡市城南区荒江1-32-16

  • 駐車場4台完備
  • 092-821-4182
9:30~13:00–∗
14:30~19:00–∗–∗

※土曜日は17:00までの診療になります。

※祝日のある週の木曜日は19:00まで診療。

患者様の声

当院で歯科治療を受けられた患者様から頂いたご感想をご紹介しております。
ご興味がある方は、患者様の声をご覧ください。

患者様の声

症例集

症例はこちらをご参照ください。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後