オンライン診察予約
詳しいご相談内容のある方はお電話にてご予約をお願いします

24時間WEB予約

佐伯歯科クリニック

〒814-0101 福岡県福岡市城南区荒江1-32-16(早良区とも近い歯医者)

  • 駐車場4台完備
  • 092-821-4182
  • 「平日」9:30~19:00
  • 「土曜」9:30~17:00
  • ※祝日のある週の木曜日は
    19:00まで診療

Web予約

治療症例集 |佐伯歯科クリニック|福岡市早良区・西新近くの「予防型」歯医者・歯科 荒江

キービジュアル

Menu

銀歯の隙間から広がる虫歯 奥歯の精密治療 福津市の患者さま

2018年01月20日

 

今回は、奥歯の治療です。

写真中央の歯には銀の被せ物が入っています。この銀の被せ物は縁の部分に隙間が多く見られたため、被せ物を外し治療を行うこととなりました。

 

被せ物を外したところです。隣の歯との隙間には汚れがたまっています。中の歯自体も黒く変色し、虫歯になっていそうです。

 

まずは色が変わっていますが、銀色の土台を歯から取り除きました。中はこの様に真っ黒です。この黒い部分が全て虫歯というわけではないですが、虫歯になっているところもあるため、染色液で虫歯を染め出し取り除いていきます。

中央に見えるオレンジ色の部分は、歯の神経の中に詰める薬です。ガチッと固まっているのが理想ですが、表面はぼそぼそになっています。この部分も取り除きます。

 

虫歯とぼそぼそになった神経の詰め物を取り除きました。まだ黒い部分は残っていますがこれ以上歯を削る必要はありません

 

今度は新しい土台を歯に取り付けます。ダイレクトボンディングを行い歯に直接土台を作っていきました。白い部分が新しく入った土台です。

被せ物が入る様に形を整えていきます。

 

歯の周りに糸を入れか型取りの準備を行います。糸を入れることで型取りがより精密に行えます。それにより出来上がってくる被せ物の精度も向上するのです。

 

型取りしたものの写真です。より細かく型取りできるシリコン製のものを使用しています。

この型取り材に石膏を流し込み模型を作成し、被せ物を作っていきます。

 

 

被せ物を取り付けました。歯の形は、細かい溝や凹凸が再現してあり本物の歯に近い形になっています。銀の被せ物の時の様な隙間はないため、汚れがたまったり、黒い虫歯にはなりにくくなっています。

あっていない被せ物 前歯の見た目改善 福岡市中央区鳥飼の患者さま

2018年01月16日

 

今回は前歯の被せ物治療を行なっていきました。

上の前歯はすでに被せ物治療がしてあります。

 

拡大して観察すると、被せ物の縁の部分と歯茎の間に隙間があり、茶色くなった歯が見えています。これでは被せ物だとはっきり分かり見た目もよくありません。隙間も大きいため放っておくと虫歯が進行する恐れがあります。今回はこの前歯の治療を行なっていきました。

 

 

前歯の被せ物を外したところです。左の歯が一本ありません。中央の歯二本に被せ物を行い、左の歯がない部分にはダミーの歯を伸ばす延長ブリッジという形になっています。

被せ物の下の歯は黒っぽい虫歯になっており、汚れがたまっているのも分かります。

 

まずはしっかりと汚れ、虫歯を取り除きます。その上で被せ物が入る様に形を整えました。右の歯のふちには少し黒い部分が残っていますが、この部分は虫歯菌には感染していないためそのまま形を整えています。

 

形を整えると、型取りを行なっていきます。型取りの材料にも様々あり、精度も良いもの悪いものとあります。精度の良くない型取り材を使用すると、結果的に被せ物がカタついたり歯茎の部分の隙間が改善されなかったりということになります。それを防ぐため精度の高い型取り材を使用しました。下の写真は、型取りしたものに石膏を流し込み作成した模型です。

 

模型に会う被せ物を作成していただきました。

 

実際にお口の中に取り付けしたところです。歯の縁の段差はしっかりと改善されています。歯の形も変わりより被せ物だと分かりにくくなっています。

 

この方は治療後に上と下の歯のホワイトニングを行なっています。前歯の被せ物自体をやや白めに作成し、その色に合わせて周りの歯の色を白くしていきました。治療前の写真と見比べると前歯の見た目が改善しただけではなく、周りの歯の色も変わっているため全体が明るくなっています。

 

 

 

 

 

 

歯根端切除術 根の治療を行いセラミッククラウン 福岡市西区の患者さま

2018年01月13日

 

今回は、歯の根の治療後にオールセラミッククラウンを被せていきました。

下の写真は治療前の状態です。中央の歯には銀の被せ物がしてあります。歯の根っこの状態が良くなく、根の先には汚れがたまり腫れていました。

 

根っこの治療を行うためには被せ物を外す必要があります。外すと土台が見えてきました。

 

土台を取り除くと歯の根っこの穴が見えてきました。虫歯もしっかりとっていきます。

 

レントゲンの写真です。歯の根っこの先を見ると、先が黒っぽくなっているのが分かります。根の先に汚れがたまっているとこの様に写ります。

 

外した銀歯を仮の被せ物として使用しています。

 

今回は普段行なっている根の治療では腫れが治らなかったため、歯根端切除術という方法で治療を行なっていきました。

歯茎を切り、骨を露出させます。歯の根がある部分に穴を開け、根の先を削り取ります。こうすることで直接汚れを取り除けるため、治癒する可能性が高くなります。

 

この様に糸で縫い合わせて傷の治りを待ちます。

 

レントゲンの写真です。歯の根の先がなくなっています。この部分は空洞になっているため一時的に黒さが目立っていますがしばらく経てばだんだんと薄くなっていきます。

 

傷口は元どうりになっています。歯茎の部分にあった腫れもなくなっています。

 

レントゲンの写真です。やや黒っぽい影は残っていますが、治癒傾向にはある様です。症状もなくなったので被せ物治療を行なっていきました。

 

被せ物をつけるために土台を取り付け形を整えていきます。

 

型取りの際は、この様に糸を歯茎の隙間に入れていき精度を高めます。

 

型取りしたものの写真です。この型取り材に石膏を流し込み、模型を作成していきます。

 

できた模型です。この模型似合う被せ物を歯科技工士さんに作成して頂きます。

 

出来上がったものを合わせています。

 

横から見たところです。

 

隣の歯ともピタッとあっています。この被せ物を実際に取り付けしていきます。

 

取り付けをしていきました。歯の色、形はごく自然に見えます。

 

横から見たところです。隣の歯との隙間も問題ありません。歯茎の際の部分にも段差がないため汚れもたまりにくくなっています。

 

 

 

銀歯の下で広がっている虫歯 今後悪くなりにくい治療 セラミック治療 福岡市博多区の患者さま

2018年01月10日

 

今回は、銀歯の下で広がっている虫歯の治療を行いました。下の写真の真ん中の歯には銀歯が入っていました。その銀歯を外すと、歯のふちの部分から黒い虫歯になり、汚れがたまっているのが分かります。

 

まずは虫歯になっている部分だけをしっかり取り除いていきました。歯のふちの黒い部分だけでなく、他の部分でも虫歯は進行しており、取り除いたことにより歯自体が小さくなった様に見えます。

 

今回は、この歯にセラミックの被せ物治療を行なっていきました。虫歯を取り除いたことにより、歯自体は小さくなっており段差も大きいためこのままでは被せ物治療を進めていくことはできません。まずはダイレクトボンディング治療を行い、歯の形を整えていきます。

 

ダイレクトボンディング治療で歯の形を整えていきました。緑色の幕はラバーダムシートというものです。ダイレクトボンディングで使用する白い樹脂(コンポジットレジン)と歯をしっかり接着させるには水分が歯の表面に付着していないことがポイントになってきます。

お口の中は唾液や呼気で常に湿度が高い状態なのでどうしても歯の表面に水分が付着してしまいます。しかし、ラバーダムシートを使用するとそういった水分が歯に付着することを防ぐことができるため、高い接着力に期待できます。

 

 

ダイレクトボンディングを終え、被せ物が入る様に形を整えていきました。凸凹はないシンプルな形になっています。

 

型取りを行う前に、歯の色を調べていきます。周りの歯の色を参考にして被せ物の色を決めていきます。

 

歯と歯茎の間に糸を入れています。この糸は、型取りの時に歯の形がよりはっきりとわかる様に入れています。紫色の糸の下には黒い糸が入っています。型取りの瞬間に糸を外し型取り材を流し込みます。

 

横から見たところです。歯をこの様な形にしています。

 

型取りを元に作成した模型です。

 

この模型に合わせて被せ物を作成していただきます。この模型と本当のお口の中がずれてしまうといくら精密に被せ物を作ってもいざお口の中で合わせるとズレているということになります。型取りは治療の制度を決める大切な行程なのです。

 

模型を横から見たところです。

 

できた被せ物を入れてみるとこの様になります。

 

実際にお口の中に取り付けを行いました。

形や色合いも問題ありません。

 

横から確認すると、隙間や段差はありません。二次的な虫歯になる可能性は低くなっています。

変色した歯を元の白さに ウォーキングブリーチ治療 福岡市早良区の患者さま

2018年01月6日

 

今回は、歯の変色を元の白さに戻す治療です。

下の写真は治療前の写真です。左側の前歯は、反対側の歯と比べると色が茶色がかっているのが分かります。今回はこの歯の色を戻す治療を行いました。

この歯が茶色くなったのは、歯の表面の変色や汚れが付着したからというわけではありません。歯の表面の変色や汚れが原因で歯の色が変わった場合、適切な清掃やオパールストラを使用すると色の改善に期待できます。しかし今回の場合は、色の原因は歯の表面ではなく、もう少し内側のところにあるのです。

この変色した歯は以前神経の治療を行なっています。虫歯や強い衝撃を受けることにより歯の中の神経が痛んだり死んでしまったりすると神経の治療が必要になります。治療の際、神経の成分が歯の内側の象牙質という層に染み込むとこの様に色が変色してしまうのです。

元の色に戻すには、変色した象牙質を白くする必要があります。ウォーキングブリーチという方法で治療を行います。

 

歯の裏側から象牙質の部分に特殊な薬をいれて蓋を行います。下の写真は約1週間後の写真ですが、治療前の写真と比べると色が白くなっているのが分かります。

反対側の歯と比べるとまだ茶色く見えるため中の薬を新しいものに交換し、経過をみていきます。

 

さらに1週間後です。色はほとんど問題なくなっています。中の薬を取り出し、裏側に開けた穴を塞いでいきます。

 

 

鏡で見た裏側の写真です。左側の前歯が治療を行なった歯です。裏側に穴を開けて治療していましたが、ほとんどわからない様になっています。色も問題なさそうです。

歯の色の改善 削らずに治療 オパールストラ

2017年12月26日

 

今回は前回に引き続き、歯の色に対する治療です。

前回の症例と異なるところは、歯の色です。前回は白い斑点が目立っていましたが、今回の写真を見ると茶色い模様が目立っているのが分かります。今回は、この茶色い模様を目立たない様にする治療を行なっていきました。

この様に歯に茶色い色がつく原因はいくつかあります。例としてコーヒーやお茶など、習慣的に口にするものによる着色があります。飲み物によって歯に色がついた場合、大抵は歯科医院で適切な清掃を行うと、とることができます。しかし、今回の場合は色がついた原因が飲み物による着色ではなさそうです。歯の表面のエナメル質という層自体が変色していました。

茶色くなっている部分だけを削り取り、白い詰め物で埋めていくといった治療も可能ですが、歯に対するダメージは大きくなります。できるだけ削らずに治療を行うために今回もオパールストラを使用していきました。

 

オパールストラ治療を行なった後の状態です。一回の治療で茶色い模様は大分目立たなくなっています。

オパールストラは酸性の液の中に研磨剤が入っています。酸性の液で歯の表面の色がついたエナメル質を一層溶かし、研磨剤で綺麗に磨いています。治療後は歯の表面がやや弱くなっているため、フッ素を塗って終わることが重要です。一回の治療で色が綺麗に改善することは少なく、数回治療を行うことがほとんどです。

 

2回目の治療前の写真です。茶色い模様は薄くなっています。前回の治療後と比べると歯の表面に着色があるのが分かります。

 

2回目の治療後です。茶色い模様はほとんど見えません。この日もフッ素を塗って終わりました。

 

3回目の治療前です。茶色い模様は確認できないまでになっています。歯の表面には着色がついてしまっています。

この日もオパールストラ治療をしていきました。

 

後日の写真です。茶色い模様も着色もありません。周りの歯の色との調和を図るため、お家で行う歯のホワイトニングをしていただいています。

 

一番最近の写真です。治療後と比べてみても、色の後戻りなどはしていない様に見えます。

白い色が目立つ歯の治療 エナメルマイクロアブレージョン ホワイトスポット治療 福岡市博多区の患者さま

2017年12月19日

 

 

今回は、前歯の治療です。

写真の前歯は特に虫歯が進んでいるわけではありません。歯の表面の色がまだらになっており、白い斑点が目立ちます。この様に歯の表面に現れる白い斑点をホワイトスポットと呼びます。

ホワイトスポットが現れる原因は大きく二つに分けられます。一つはごく初期の虫歯、もう一つは歯の表面にあるエナメル質という層の形成が不完全ということです。歯を形成する段階(まだ歯が生えていない時期)に強い衝撃を受けたり、前の乳歯が虫歯になる、過剰にフッ素を取り込むなどしてしまうとエナメル質の形成がうまく行かずにホワイトスポットとなることがあります。

今回はこのホワイトスポットの治療を行なっていきました。

 

今回行なった治療はエナメルマイクロアブレージョンという方法です。歯を削ったりするのではなく、エナメル質を薄く一層溶かし、ホワイトスポットを消そうという治療法です。

治療には特殊な薬剤を使用します。今回はオパールストラという薬剤で治療を行なっています。

まずは薬剤が歯以外のところに付着しない様にラバーダムシートというゴムのシートをかけていきます。薬剤は酸性になっているため歯茎や唇などについてしまうとよくありません。この治療を行う場合このラバーダムシートの使用が必須となります。

 

歯の表面に薬剤を置き、専用の器具を使い歯の表面に塗り広げていきます。

 

治療後の写真です。ホワイトスポットはかなり目立たなくなっています。一見これで治療が終わった様に見え得ますが、この治療は一回では終わりません。歯の表面をわずかに溶かすため、日常生活で口に入れるものの色がついてしまいます。

 

 

しばらくたった時の写真です。少し着色しているのが分かります。ここから再度オパールストラを使用しました。

 

使用後です。歯の着色はとれ、ホワイトスポットは見えません。この患者さまの場合はもう一度オパールストラを使用しました。

 

 

治療後しばらくたった後の写真です。色がつくこともなくなり、白く目立っていたホワイトスポットも無くなっています。

周りの歯との白さを統一するためにも治療後はホームホワイトニングという、マウスピースにホワイトニングの薬材を入れご自宅で使用していただく治療が必要になります。

今後虫歯にならない様にするために 精度の高い虫歯治療 福岡市東区の患者さま

2017年12月16日

 

今回は、精度の高い虫歯治療です。

写真中央の歯には銀の詰め物が入っています。少し分かりづらいですが、歯の左側の方から虫歯になっています。この歯の詰め物を外して虫歯治療を行なっていきました。

 

まずは詰め物を外しました。詰め物の下は黒く汚れていました。一見すると大きな虫歯はない様に見えます。

 

詰め物を引っ付けていた接着剤、その下に引かれていた樹脂を取り除いたところです。歯の内側が黒くなっているのが分かります。

 

 

虫歯だけに色がつく染色液を使用したところです。ピンク色に染まったところは虫歯になっているということです。染まらなかったところは削らない様にし、慎重に虫歯だけを取り除いていきます。

 

虫歯を全て取り終えました。大きな範囲が虫歯になっていたことが分かります。染色液を使用し、染まる部分がないことを確認することが大切です。

 

 

 

大きな範囲が虫歯になっていたので歯にはその分の大きな穴が空いています。このままでは被せ物をつけるのに必要な高さが足りないため、空いた穴の部分にコンポジットレジンを詰めていきます。

 

 

コンポジットレジンを詰めました。緑色のラバーダムシートを使用しているため歯の表面に水分が付着することはありません。この状態なら歯とコンポジットレジンはしっかりと接着します。

 

 

シートを外して被せ物を取り付けるために形を整えていきました。

 

 

 

型取りの前に歯の色合わせをしていきます。他の歯の色を参考にしてその色に近い色を探していきます。

 

 

型取りしたものの写真です。精度の高い型取り材を使用しています。この型取り材に石膏を流し込み、お口の中の模型を作成します。

 

 

石膏を流し込み模型を作成しました。この模型にあう被せ物を歯科技工士さんに作成していただきます。

 

被せ物が出来上がってきました。

 

お口の中に取り付けを行なっていきました。

被せ物と歯の間に段差や隙間はありません。汚れはたまりにくくなっているため、今後虫歯になりにい治療となっています。

C4の歯を抜歯してインプラント治療 ストローマンインプラント 福岡市城南区七隈の患者さま

2017年12月12日

 

今回は、ボロボロになってしまった歯を抜歯してインプラント治療を行いました。

虫歯になっている歯はその進み具合でC0〜C4まで分類分けされます。C0は初期の虫歯でC4は歯の根っこだけが残っている様な状態です。

写真中央の歯は虫歯が進み歯の根っこだけが残っている状態です。この歯はC4に分類されます。

C4の歯はお口の中に残して治療することが難しいため、多くの場合で抜歯を行います。

今回はこの歯を抜歯し、インプラント治療を行いました。歯を抜いた後の治療法としては、インプラント、ブリッジ、一本だけの入れ歯、何もしない、があります。

しっかりと噛める。他の歯にダメージを加えない、審美性、など様々な観点からこの場合の1番の選択肢はインプラント治療となります。

 

 

抜歯を行いました。傷の治りを良くするために、傷口に血止めのスポンジを入れています。

 

しばらくしてから傷口の確認を行いました。歯があったところの歯茎は綺麗になっています。また、歯がなくなったことにより歯茎が痩せて幅が狭くなったこともわかります。

 

 

今回はインプラント治療の前にこの様な透明のマウスピースの様なものを作りました。これはインプラントガイドといわれるものです。このガイドをはめてから治療を行います。右側に小さな穴が空いています。この穴のとうりにインプラント治療を行えば、術前に計画したとうりの位置にインプラントを埋め込むことができます。

 

ガイドを入れたところです。この穴に沿う様に治療を行います。

 

まずは歯茎を切って下の骨が見える様にしていきます。

 

ガイドを取り付けて骨の中にドリルを用いて穴を開けていきます。骨の中は直接見ることはできませんがガイドに沿うことで安全に治療を行うことができます。

 

インプラントを埋め込み、傷口を縫合しました。今回はストローマンというメーカーのインプラントを使用しています。世界的に見てもトップのシェアを誇るメーカーです。そのぶん製品の質もしっかりしているためトラブルもほとんどありません。

 

 

傷口が少しずつ治っています。インプラントと周りの骨がしっかりとくっつくまで時間をおき、その後型取りを行いました。

 

 

できた被せ物を取り付けました。ブリッジ治療の様に周りの歯を削る必要がなく、入れ歯と違い一本の歯として機能させることができるため噛む力を最大限に発揮することができます。見た目も他の歯と変わりません。

 

歯の真ん中にある取り外しを行うための穴をわからない様に塞ぎました。

 

 

横から見たところです。他の歯との見分けはつきません。

 

インプラント治療 抜歯即時埋入 ソケットリフト 福岡市中央区薬院の患者さま

2017年12月5日

 

 

今回は、インプラント治療を行なった症例です。

写真中央の歯は、被せ物、土台が入っていない状態です。上に被せてあるピンク色の蓋で中に物が入り込むのを防いでいます。

 

横の歯をよく見ると被せ物の隙間から黒い虫歯になっています。

 

ほっぺた側から見ても、歯と被せ物の間に大きな隙間があるのが分かります。

今回は、ピンク色の蓋がしてある歯と、この被せ物があっていない歯の治療を行なっていきました。

 

 

ピンク色の蓋を外すと中はこの様になっていました。歯がいくつかの破片に割れてしまっています。

この様に割れてしまっていては歯として残し、被せ物をつけるといった治療は難しくなります。今回はこの歯を抜歯し、インプラント治療を行なっていきました。

 

すぐに抜歯は行わず、お口の中の型取りを行い、この歯を抜いた後どの様な形の歯が入るのが理想的か調べていきます。

理想的な形を決めると、そのためにはどの位置にインプラントを埋め込む必要があるか分かってきます。

下の写真にはマウスピースのようなものが写っています。抜歯予定の歯の部分に穴が空いています。この穴の位置が理想的な被せ物を作る上で必要なインプラントの位置となります。

 

歯の根っこの方向と理想的なインプラントの方向は違います。いきなり抜歯をすると、抜いてできた穴の方向にドリルが偏りがちになってしまうので、抜歯前にある程度理想的な方向に穴を空けておき、そこから抜歯を行います。そうすることで偏りを少なくすることができます。

 

抜歯を行いました。

 

歯の写真です。歯はいくつかの破片に割れていました。

 

 

今回治療前に撮影したCTの画像です。青い線で描かれているのがインプラントの根の部分(フィクスチャー)となります。フィクスチャーの先端は白い骨の部分を飛び出し黒いところまで達しています。

黒い部分は上顎洞と言われる空洞で副鼻腔の一つです。

ここには骨がないためそのままではフィクスチャーの先端の方は上顎洞へ飛び出してしまいます。そうすると感染や痛みの原因となってしまいます。

解決するにはフィクスチャーの長さを短くする、埋め込む方向を変えるなどありますが、今回はソケットリフトという方法を行なっていきました。

 

 

まずは理想的な方向に向かって少しずつ穴を掘り進めていきます。メモリがついた棒を穴の中に入れ、深さ方向の確認を行いながら進めます。

 

進めていくと骨がなくなり上顎洞が出てきます。上顎洞には薄い膜がはっています。そのまま掘り進めるとこの膜も破ってしまうため、ドリルを使い掘り進めるのではなく、骨の材料を少しずつこの穴に入れていき膜自体を浮かせていくのです。

 

歯を抜いた後のところに白いモヤモヤが写っています。これが骨の材料となります。

 

 

 

写真で見るとこの様になっています。大きな穴が空いているのは分かりますが中がどのくらい深くなっているのかなどは分かりません。レントゲン写真を撮影し確認するしかないのです。

 

 

フィクスチャーの長さ以上に膜を浮かせ、埋め込んでも上顎洞から飛び出さない様にしました。

 

 

実際にフィクスチャーを埋め込んでいきました。先端の部分を見るとドーム上に白い骨の材料が入っているのが分かります。この分膜を浮かせ治療したということになります。

 

この時の写真です。真ん中に入っているのが分かります。

 

 

抜いた部分の歯茎が被せ物を作成する上で理想的な形になる様にヒーリングアバットメントというカバーのネジを取り付けます。

 

 

傷が治るとこの様になります。

 

 

インプラントと周りの骨がガチッとくっつくまでに約三ヶ月かかります。その間に手前の歯の治療を進めていきました。

まずは被せ物、中の土台を外し虫歯をとっていきました。新しい土台の型取りを行い、取り付けをしていきます。

 

 

白い土台をつけていき、形を整えたところです。次に型取りを行う必要があるのですが、取り付けと形を整えたことにより周りの歯茎が一時的に荒れてしまっています。この状態ではしっかりとした型取りは行えないため、仮歯を取り付け歯茎が治るのを待ちます。

 

後日の写真です。荒れた歯茎は元どうりになっています。インプラントも骨とガチッとくっついているのが確認されたため型取りを行なっていきます。

ヒーリングアバットメントを外すと歯茎が綺麗な形を作っているのが分かります。型取りではこの歯茎の形をしっかりと記録することが大切です。手前の歯には歯の淵がはっきりわかる様に黒い糸を入れています。

 

型取りしてできた模型を元に作成した被せ物です。

手前の歯はガチッと固まるセメントで取り付けを行うのですが、インプラントの方はセメントを使わない方法で取り付けをしています。被せ物にも穴が空いていますが、その穴にネジを入れて固定しているのです。

歯の部分に穴が空いてしまうという欠点はありますが、何かトラブルが会った時にすぐに取り外しができるのが特徴です。

 

 

穴が空いたままではものが詰まってしまうため、蓋をしていきます。

この状態で生活してもらい、噛み合わなどの最終確認を行います。

 

今回は問題なかったため、仮の蓋を外しコンポジットレジンという樹脂の素材に置き換えます。

色や形も周りのところと調和する様にしているため、どこに穴が空いているか分からないくらいにまでなります。

 

 

最終的なレントゲン写真です。

インプラントはしっかりと骨にくっつき、被せ物にも段差などはありません。

 

1234...10...

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様の歯に対するお悩み・ご希望を院長が直接お伺いする「個別相談」を実施しています。毎月人数は限定させていただいておりますが、お口のお悩みを何でもご相談いただけます。まずはメールもしくはお電話にて予約を取っていただきご来院ください。

  • 無料相談
  • インターネット予約

〒814-0101 福岡県福岡市城南区荒江1-32-16

  • 駐車場4台完備
  • 092-821-4182
9:30~13:00–∗
14:30~19:00–∗–∗

※土曜日は17:00までの診療になります。

※祝日のある週の木曜日は19:00まで診療。

患者様の声

当院で歯科治療を受けられた患者様から頂いたご感想をご紹介しております。
ご興味がある方は、患者様の声をご覧ください。

患者様の声

症例集

症例はこちらをご参照ください。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後