オンライン診察予約
詳しいご相談内容のある方はお電話にてご予約をお願いします

24時間WEB予約

佐伯歯科クリニック

〒814-0101 福岡県福岡市城南区荒江1-32-16(早良区とも近い歯医者)

  • 駐車場4台完備
  • 092-821-4182
  • 「平日」9:30~19:00
  • 「土曜」9:30~17:00
  • ※祝日のある週の木曜日は
    19:00まで診療

Web予約

治療症例集 |佐伯歯科クリニック|福岡市早良区・西新近くの「予防型」歯医者・歯科 荒江

キービジュアル

Menu

奥歯の虫歯 白い詰め物 セラミック インレー 福岡市西区の患者さま

2019年02月15日

今回は、奥歯の虫歯治療を行いました。下の写真は治療前のものです。治療を行なったのは左側の歯で、すでに銀の詰め物で虫歯治療がされていました。歯の中央から奥にかけて詰め物が入っています。このように歯の一部を覆う詰め物をインレーと呼びます。レントゲン写真を確認するとインレーと歯の間に大きな段差があり中で虫歯が広がっていました。

 

まずは、麻酔を行いラバーダムシートをお口にかけて銀の詰め物を外していきます。

 

銀の詰め物を外したところです。詰め物の下は黒っぽい汚れが溜まっていました。

 

左側をよく見ると白い線のような部分が見えます。以前の詰め物治療で虫歯除去後にされた白い詰め物が見えています。この白い詰め物の周り、下にも虫歯が広がっていたのでこの白い詰め物も除去し虫歯を取り除きます。

 

虫歯を取り除きました。虫歯染色液を使い染まっている部分をしっかりと削り取ります。虫歯染色液をつかうことにより虫歯の取り残しは無くなります。

 

虫歯があった部分を強拡大で見ています。歯茎よりも下の方まで虫歯になっていたことがわかります。

 

まだ黒っぽい部分は残っていますがこの部分は虫歯ではないので削り取る必要はありません。

 

 

インレーを外した後の治療では、型取りを行わずに直接コンポジットレジンという樹脂を詰めていくダイレクトボンディングを行うことが多いのですが、今回のように歯茎の下の方まで虫歯が広がっていた場合その部分に段差無く樹脂を詰めていくことは難しくどうしても精度が低くなってしまいます。

今回は、型取りを行い歯茎の下の歯の形も模型に起こし、その状態で精度の高いセラミックインレーを作っていくことになりました。

 

インレーの色は周りの歯の色を参考にして決定します。

 

二種類のシリコン製の型取り材を使用し型取りを行います。型取りしたものが変形してしまうと、この後作る模型も実際のお口の中とは少し変わってしまいます。なるべく精度が高く変形量が少ないものを使用しています。

 

型取り材に石膏を流し込みお口の中の模型を作成しました。歯茎の形やその下の歯の形も再現されています。

 

模型場でセラミックインレーを作っていただきます。

 

出来上がったセラミックインレーを取り付けました。取り付け時、歯を乾燥させる必要があるためやや白っぽくなっています。はみ出した接着剤の除去で歯茎も少し荒れています。

 

後日、確認で来ていただいた時の写真です。歯の色は元に戻り詰め物の色も馴染んでいます。荒れた歯茎も治り問題はありません。

銀の詰め物の下 深い虫歯 神経の治療 被せ物 福岡市城南区の患者さま

2019年02月12日

 

今回は、銀の詰め物の下にある虫歯治療を行いました。下の写真は治療前のものです。銀の詰め物治療がされている歯が三本並んでいます。真ん中の歯に痛みがあり、レントゲン写真を撮影すると虫歯が確認されたため治療を行いました。

 

まずは麻酔を行い、ラバーダムシートをお口にかけていきます。詰め物を行う際にラバーダムシートを使うことが多いですが、銀の詰め物を外す時にも使うことができます。詰め物自体を削りながら外していきますが、削りカスや外れた詰め物自体を飲み込んでしまう危険性があります。ラバーダムシートをつけておけば喉の方に削りカスが流れていくこともないため安心です。

 

銀の詰め物を外したところです。中は真っ黒な虫歯になっていました。

 

少しずつ虫歯を削り取っていきます。まだ虫歯は残っています。

 

横の歯にも虫歯があったため一緒に治療を行いました。

 

虫歯を取り除いていくと小さな穴が見えてきました。この穴は歯の中の神経の穴です。

 

虫歯を全て取り終えました。神経の穴からは出血があります。虫歯菌は神経の穴の中にも広がっている可能性がありました。穴からの出血を止め、薬を置き、痛みが引くか確認していきました。

 

後日、確認を行いました。痛みは引かず、虫歯菌は歯の中の神経に充満しているようでした。こうなった場合神経の治療を行い、中の虫歯菌を除去する必要があります。

 

歯の中の神経の穴がしっかりと見えるように形を整え中を綺麗に掃除していきます。唾液の中の虫歯菌が治療中に神経の穴の中に入り込むのを防ぐため、ラバーダムシートを使用しています。

 

神経の中の掃除が終わったのでピンク色の薬を入れていきました。

 

神経の治療は終わったので穴を塞いでいきます。

 

シートを外し、歯の形を整えていきます。今回はセラミックの被せ物治療を行いました。

 

周りの歯の色を参考にして被せ物の色を決めていきます。

 

精密な型取りを行い、お口の中の模型を作っていきます。

 

できたお口の中の模型です。この模型に合う被せ物の作成を歯科技工士さんにお願いします。

 

出来上がった被せ物です。歯の凹凸や微妙な色の変化もつけてあります。

 

お口の中に取り付けを行いました。周りの歯との色の違いは目立ちません。隙間や段差はないため、治療前のように被せ物の下で虫歯が広がっていく可能性は低くなっています。

前歯 インプラント治療 審美治療 歯茎の治療 福岡市中央区の患者さま

2019年02月4日

 

今回は、前歯のインプラント治療を行いました。下の写真は治療前のものです。前歯には白い被せ物はすでにしてありました。前から2番目の歯がなく、前後の歯とつなぎ合わせるブリッジで治療がされていました。

 

歯を裏側から見たところです。前から3番目の歯が大きな虫歯になっており、ぽっかりと穴が空いています。

 

今回はこの歯の保存は難しいと判断し、抜歯と同時にインプラント治療を行うこととなりました。インプラント治療を正確に行うためインプラントガイドという装置を作成しています。この装置をつけた状態でインプラント治療を行うと事前の計画通りに治療を進められるようになっています。

 

手前の歯と繋がっているため、切り離し治療を行いました。

 

被せ物を外すと中の歯はこのようになっていました。

 

抜歯を行なっているところです。

 

抜歯後はインプラントガイドをつけインプラント治療をしていきました。

 

インプラントを埋め込み終えたところです。傷の治癒、骨とインンプラントが結合するのを待ちます。

 

治療後は一時的な仮歯をつけていただきました。

 

傷が治癒したところです。

 

 

抜歯を行うとどうしても骨自体が痩せていきます。

 

今回は、歯茎のボリュームを増やすために歯茎の移植を行いました。

 

奥歯の部分の歯茎を開き、内側の部分だけ切り取ります。

 

取り出した歯茎です。

 

インプラントの部分に入れていきます。

 

糸で縫合し固定します。

 

奥歯の部分にも縫合を行いました。

 

 

移植後、歯茎の状態が落ち着きました。歯茎の幅が増しています。

 

歯茎の中に埋もれているインプラントの頭出しを行い、歯茎の形を整えるためにキャップを付けました。

 

精度の高い仮歯を取り付け歯茎の形が安定するのを待ちます。

 

仮歯を外したところです。歯茎の形は安定しています。型取りを行い最終的な被せ物を作成していきました。

 

お口の中の模型です。

 

模型場で被せ物を作成しました。

 

お口の中に取り付けを行いました。歯の色、形ともに自然な仕上がりになっています。

 

奥歯 インプラント治療 割れてしまった歯 福岡市城南区の患者さま

2019年01月25日

 

今回は、奥歯のインプラント治療を行いました。写真中央には銀の被せ物が入った歯が写っています。噛んだりするとこの歯が痛むとのことでした。

 

レントゲン写真を撮影しました。根の治療の最後に入れた白っぽい薬が映っています。歯の根の周りをよく見ると一層黒っぽく見えます。歯自体が割れていたりするとこのように周りが黒く映ることがあります。

 

被せ物を外し中を確認すると歯は真っ二つに割れていました。抜いた歯の写真です。このように割れてしまうと歯として残すことは難しくなります。痛みや感染の原因になるからです。

 

 

抜歯後の写真です。歯を抜いたまま放置すると噛み合わせの歯が伸びてきて他の歯に干渉しトラブルになることがあります。今の噛み合わせを変えないため、抜いた部分にはインンプラント治療を行なっていきました。

 

抜歯後の傷がある程度治ってきました。インプラント治療を進めるためには抜歯したところの骨が回復するのをもう少し待つ必要があるため、手前の歯の虫歯治療を先に行なっていきました。

 

銀の詰め物を外し、虫歯を除去しました。

 

緑色のゴムのシートに穴を開け、その穴から歯の頭を出して外れないようにクリップで固定しています。このようにすると治療部位が見やすくなるだけでなく。歯をしっかり乾燥させることができるため歯と樹脂の接着がしっかり行えます。

 

樹脂で歯の形を作り、固めていきます。

 

治療終了後少し期間を置きました。虫歯治療を行なった歯は問題なく、抜歯を行なった部分も治癒が進んでいるようです。

 

歯茎を開きインプラント治療専用のドリルで骨に穴を開けていきます。

 

穴をあける際はこのような器具をつけて治療を進めます。この器具は患者さま個人個人に合うようにオーダーメイドで作ってあります。治療前に理想的な歯の形を考え、そこから逆算してどの位置にインプラント治療を行えばいいかを計算します。作成された器具には穴が空いており、この穴の中にドリルを入れていくと計画通りの位置にインプラント治療を行えるようになっています。

 

インプラントを埋め込み、開いた歯茎を縫い合わせています。

 

レントゲン写真です。骨の中にボコボコとしたネジ山のような部分が見えます。ここからまた間をあけ、インプラントと骨がくっつくのを待ちます。

 

歯茎も治り、インプラントも骨と結合したようです。インプラントの上につける被せ物を作る準備を進めていきます。

 

インプラントの型取りを行いました。

 

型取りしたものに石膏を流し込み固めて模型を作ります。お口の中の状態が再現されています。

 

この模型に合うように上につける被せ物を作ってもらいます。

 

実際にお口の中に取り付けていきました。治療前の計画通り、被せ物のちょうど真ん中に被せ物を固定するためのネジ止めの穴がきています。今回はネジで固定するタイプの被せ物を作っています。この他に接着剤で固定するタイプもあります。

 

レントゲン写真です。インプラントの上に被せ物がついています。

 

ネジ止めの穴の部分に樹脂を流し込み固めたところです。審美的にも問題はありません。

 

 

 

歯根端切除 治りにくい根の治療 福岡市南区の患者さま

2019年01月22日

 

今回は、根の治療後オールセラミッククラウンを取り付けていきました。

下の写真は治療前のものです。写真中央の歯には白い被せ物治療がされています。色は周りの歯と比べやや白いように見えます。歯の表面は削った後が目立ち、歯の表面の凹凸も無くなっています。

 

レントゲン写真です。被せ物は真っ白に写っています。この歯は以前に根の治療がしてあります。根の中には白っぽい薬が入っているのが分かりますが、根の先まで薬が入っていないように見えます。少し分かりづらいですが、根の先の部分はやや黒みがかって見えます。根の治療がうまく行っていないと根の中で細菌が繁殖して周りの骨を少しずつ溶かしてしまうことがあります。この歯もそのようになっており、根の先で膿の袋ができほっぺた側を圧迫していました。

 

今回は被せ物を外し、まずは根の治療を行うこととなりました。被せ物を外すと中には金属の土台が入っていました。

 

金属の土台も除去していきます。

 

土台を除去し終えました。歯の根に続く穴が空いています。

 

根の治療を行う前に歯の高さを確保するため樹脂を盛り足し固めていきます。

 

歯の高さが不十分だと写真のように緑色のラバーダムシートがかけれません。シートをかけずに根の治療をすることは可能ですが、治療するたびに細菌を含む唾液が中に入っていくため予後が悪くなります。

 

根の中の清掃を行い、最終的な薬を入れていきました。

 

レントゲン写真です。白く見えているのが新しく入れた薬です。

 

根の治療後は樹脂で蓋をしていきます。

 

根の治療は終わりましたが、歯茎の腫れは少し残り違和感もありました。歯の根の中は複雑な形をしており全ての細菌を除去することは難しいです。今回は歯根端切除という治療を行い、細菌感染したところを取り除いていきました。

 

麻酔を行い歯茎を開いたところです。歯茎の下には骨が見えています。骨の表面をよく見ると穴が空いているのが分かります。この穴から膿が出ていき歯茎を圧迫していました。

 

穴の部分から器具を入れ、感染部位を除去します。

 

歯の根の先は切り取り、切り口から特殊な薬を詰めています。鏡に映っている白い部分が詰めた薬です。

 

歯茎を元の位置に戻して縫合をしています。

 

レントゲン写真です。左の根の先が短くなっています。この状態で間を空けて治癒を待ちます。

 

数ヶ月たち、歯茎の状態も元どうりになっています。

 

レントゲン写真です。歯の根の先にあった黒い影は薄くなっており治癒が確認できました。

 

歯の形を整え被せ物を作る準備をしていきます。歯の周りに黒っぽい糸を入れています。

 

その上から紫色の糸を入れています。こうすることにより、型取り材が歯と歯茎の隙間に入りやすくなり、より精密な型取りが行えるようになります。

 

型取りしたものの写真です。精度の高いシリコーン製の型取り材を使用しています。

 

この型取り材に石膏を流し込み模型を作ります。

 

この模型にあった被せ物を技工士さんに作っていただきます。

 

できた被せ物を取り付けしたところです。歯の色は周りの歯と馴染んでいます。形は歯が本来持っているような凹凸を再現しています。

 

インプラント治療 銀歯の下の虫歯 根の治療 福岡市南区の患者さま

2019年01月16日

 

今回は被せ物治療、インプラント治療を行いました。下の写真は治療前のものです。写真中央の歯には銀の被せ物治療がしてあります。見にくいですが、左側にも二本銀歯があります。この三つの歯は全て繋がっており、ブリッジとなっていました。真ん中の歯はダミーの歯で奥と手前の歯で支える形です。今回、それぞれの歯が虫歯になっていたため外して治療を行なっていきました。

 

手前の歯を外したところです。中では黒い虫歯が進行していました。

 

虫歯を全て取り除いたところです。虫歯は歯の中の神経の部分まで進んでおり根の治療を先に行うこととなりました。

 

横から見たところです。歯はほとんど残っていません。この状態で根の治療を行なっても唾液が治療部位に入り込み予後が悪くなってしまいます。

 

一時的に唾液を排除する器具を取り付け、歯の高さを作ります。

 

樹脂を流し固めるとこのように歯の高さを確保することができました。

 

この状態から歯にラバーダムシートをかけて根の治療を進めます。ピンク色に見える部分は根の中に入れた薬です。

 

根の治療が終わると歯にあけた穴を塞ぎます。

 

シートを外し、歯の形を整えた状態です。左端の歯は親知らずなのですが虫歯が進み状態が良くないため抜歯を行うことになりました。真ん中の歯がない部分にはインプラント治療を行なっていきます。

 

麻酔をして歯茎の開いていきます。出血があるため色を変更しています。

 

事前に作成しておいたインプラントガイドをお口の中にはめ込みます。ガイドを使うと術前の計画通りの方向にしか器具が進まなくなり治療の精度が安定します。

 

器具を使い治療を進めているところです。

 

 

インプラントを埋め込んだ後の写真です。歯茎の形を整えるためのキャップをはめています。

 

親知らずを抜歯し、糸で縫い合わせたところです。ここから期間をあけて傷の治り、インプラントが骨と結合するのを待ちます。

 

糸取りを行なった時の写真です。抜歯したところの傷口は小さくなってきています。

 

傷が治り、インプラントが骨と結合したので型取りを行います。歯の周囲には黒い糸を入れ込んで型取り材が流れ込みやすい状態にしています。

 

型取りしたものです。インプラントの型取りは特殊な器具をつけて行います。赤く、埋もれているが型取りの時に使う器具です。

 

型取り材に石膏を流し込みお口に中の模型を作ります。インプラントの周りには歯茎と似た素材を使い、被せ物で歯茎をどれくらい押すのか見ていきます。

 

出来上がった被せ物です。インプラントの被せ物の真ん中には穴が空いています。この穴の中にネジを入れ骨の中のインプランントとつなぎ固定します。

 

実際にお口の中に取り付けしたところです。

 

真ん中の穴は、樹脂で埋め目立たないようにしていきます。インプラントに何か問題がでた場合も樹脂を削り取り被せ物を外しやすくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯の根の治療 歯茎のできもの オールセラミッククラウン 福岡市早良区の患者さま

2019年01月7日

 

今回は、根の治療を行いました。下の写真は治療前のものです。写真中央の歯には治療跡があり、その上に写っている歯茎は腫れているのが分かります。他院で根の治療をされていたのですが、歯茎が腫れ痛みも出てきたため来院されました。

 

白く写っている仮の蓋を外したところです。黒い穴が三つ空いているのが見えます。それぞれの穴が根っこと繋がっており、歯茎のできものを治すにはそれぞれの根を綺麗に掃除する必要があります。

口の中の唾液には細菌がたくさん含まれています。治療中に唾液が入り込むと治療がうまくいかないこともあるため、歯をラバーダムシートという緑色のシートで隔離して治療を進めます。

 

根の中を掃除し、一時的な薬を詰めたところです。仮の蓋をして歯茎の状態を確認するため日にちをあけます。

 

後日確認した時の写真です。歯茎のできものはすっかり無くなっています。

 

痛みもないため、根の中に最終的な薬を入れていきました。

 

薬を入れた後、また日にちをあけました。歯茎も落ちついており痛みもありません。

 

歯には大きな穴が開いたままになっているため樹脂を流し込み固めていきます。

 

樹脂を固めています。

 

根の治療は終わったので被せ物を作る準備をしていきます。歯の形を整え被せ物がつけれるようになっています。

 

型取りを行い、お口の中の模型を作ります。

 

この模型にあった被せ物を技工士さんに作っていただきます。今回は、ジルコニアという素材で作った被せ物になっています。

 

実際にお口の中に取り付けをしました。歯の色、形も自然にできています。

 

 

 

 

 

 

古い詰め物の下 痛みはないが虫歯 磨きにくい隙間 福岡市早良区の患者さま

2018年12月26日

 

今回は、奥歯の古い詰め物の下の虫歯治療を行いました。下の写真は治療前のものです。左側の歯には白っぽい詰め物、右の歯には銀の詰め物が入っています。

 

まずはそれぞれの歯の古い詰め物を外していきました。詰め物の下は汚れています。さらによく見ると歯と歯の隙間の部分から虫歯になっているのがわかります。

 

虫歯を取り除いている途中です。治療前は分かりませんでしたが、深い虫歯になっています。

 

虫歯を取りきったところの写真です。詰め物の下、歯と歯の隙間両方から虫歯が進んでいました。この状態からまた詰め物治療を行うのですが、型取りを行う方法では精度に限界があり、治療したところから二次的な虫歯になる可能性が高くなります。

 

型取りを行わず直接お口の中で詰め物を作っていくことにより、隙間がなくなり治療部位から虫歯になるリスクを下げることができます。しかし、お口の中は細菌や湿気、唾液、舌など治療を行うには過酷な状態です。そういった周りの状況から歯を隔離するために緑色のラバーダムシートを使用します。

 

歯を隔離した上で、さらに器具をつけて治療を行なっていきます。歯と歯の隙間の部分にはセロハンの膜を入れ楔を入れます。こうすることで歯の形にピタッとセロハンの膜が圧接され隙間なく治療ができます。

 

左右の歯に同様の治療を行い、真ん中の歯の治療を行なっていきました。

 

歯の隙間の部分から治療を進めていき、シンプルな形にしていきます。楔をさらに固定するリングを併用しています。

 

両側の隙間の部分を詰め終わりました。このあと噛み合わせの部分を詰めていきます。

 

歯の形に修復されました。器具を外して噛み合わせの調整、研磨を行います。

 

治療後の状態です。歯が乾燥しているため、詰めた部分と歯の色の境が目立ちます。また器具を使用したことにより一時的に歯茎が荒れています。

 

少し期間をあけてチェックを行なった時の写真です。歯の色は落ち着き治療跡がわからないようになっています。歯茎も治っています。

残せない歯 抜歯 インプラント治療 インプラントガイド 福岡市南区の患者さま

2018年12月12日

 

今回は、奥歯のインプラント治療を行いました。下の写真は治療前のものです。中央の歯は歯の根だけが残っている状態です。根の部分をよく見ると亀裂が入り割れてしまっているのがわかります。このように歯の根が割れてしまった場合、歯として残すことは難しく今回も抜歯を行うことになりました。

 

抜歯を行なった直後の写真です。出血があるため色を変えています。

 

数ヶ月期間をあけ傷が綺麗に治ったところです。歯が無くなったことにより骨の幅が狭くなったのがわかります。

 

インプラント治療を行うために歯茎を開き、骨が見えるようにしています。

 

インプラントガイドという器具を使用し治療を進めていきます。インプラントガイドには治療部位に丸い穴が空いています。事前に理想的な治療後の状態の模型を作り、その模型の通りに治療を進めるためにこのようなインプラントガイドを作成します。

 

このようにインプラントガイドを使用すると一方方向にしか治療は進めれなくなります。

 

インプラントが計画通りに埋入されたところです。

 

糸で歯茎を縫い合わせ蓋をし傷の治りを待ちます。

 

しばらくたつとこのように傷が治りました。インプラント自体も骨と結合しているため被せ物を作るための型取りを行なっていきました。

 

精度の高いシリコーン製の型取り材を使用し型取りしています。

 

型取り材から作成されたお口の中の模型です。この模型にあった被せ物を技工士さんに作製していただきます。

 

被せ物が出来上がったところです。噛み合わせの部分に穴が空いています。今回はこの穴にネジを入れ骨の中のインプラントと被せ物を固定する、スクリューリテインというタイプで被せ物を作っています。

 

実際にお口の中に取り付けを行いました。この取り付け方法では接着剤を使用しないため歯茎の炎症が起こりにくいと言われています。

 

穴の部分に仮の蓋を入れています。この状態でしばらく生活していただき問題ないか確認します。

 

問題ないことが確認されたので穴の部分に詰め物治療を行いました。見た目ではわからないようになっています。

 

詰め物が割れた 外れた後 コンポジットレジン治療 福岡市城南区の患者さま 

2018年12月11日

 

今回は、詰め物が割れて外れてしまった歯の治療を行いました。下の写真は治療前のものです。中央には白い詰め物治療がされた歯が写っていますが、右側の部分が割れて無くなっています。このように割れてしまう原因として、詰め物自体の硬さ不足、詰め物の厚みが足りなかった、噛み合わせの力が強くかかりすぎた。精度が低かったなどが考えられます。歯科では様々な材料を使用します。一つ一つ違うためその材料にあった処置を行わなければトラブルの元になるのです。

 

今回は、残っている詰め物も全て外し、ダイレクトボンディング治療を行っていきました。詰め物を外すと中に虫歯は無いように見えますが、左側の歯との隙間が少し黒くなっているように見えます。

 

虫歯染色液で確認すると歯との隙間から虫歯になっていました。左側の歯も一部虫歯になっていたので同時に治療を行います。ダイレクトボンディングは型取りを行わず直接歯にコンポジットレジンという樹脂を接着させる治療法です。

 

緑色のラバーダムシートをお口にかけて治療を行なっています。コンポジットレジンを歯に接着させるためにいくつかの処理を行い歯の形を作っていくのですが、歯の表面に呼気や唾液が付着すると接着が邪魔されます。それを防ぐためにラバーダムシートをつける必要があります。

 

コンポジットレジンの硬さは歯とほぼ同等の硬さを持ち合わせています。噛み合わせの調整を行えば外れたり割れたりする心配はありません。少しずつすり減ることはありますが、直接修正を行うことが可能です。隙間や段差歯ないため、審美的にも問題ありません。

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様の歯に対するお悩み・ご希望を院長が直接お伺いする「個別相談」を実施しています。毎月人数は限定させていただいておりますが、お口のお悩みを何でもご相談いただけます。まずはメールもしくはお電話にて予約を取っていただきご来院ください。

  • 無料相談
  • インターネット予約

〒814-0101 福岡県福岡市城南区荒江1-32-16

  • 駐車場4台完備
  • 092-821-4182
9:30~13:00–∗
14:30~19:00–∗–∗

※土曜日は17:00までの診療になります。

※祝日のある週の木曜日は19:00まで診療。

症例集

症例はこちらをご参照ください。