オンライン診察予約
詳しいご相談内容のある方はお電話にてご予約をお願いします

24時間WEB予約

佐伯歯科クリニック

〒814-0101 福岡県福岡市城南区荒江1-32-16(早良区とも近い歯医者)

  • 駐車場4台完備
  • 092-821-4182
  • 「平日」9:00~18:00
  • 「土曜」9:00~16:30
  • ※祝日のある週の木曜日は
    18:00まで診療

Web予約

治療症例集 |佐伯歯科クリニック|福岡市早良区・西新近くの「予防型」歯医者・歯科 荒江

キービジュアル

Menu

前歯で白く変色している歯(ホワイトスポット)を一切削ることなく自然な色にした症例 福岡市城南区の患者様

2021年05月31日

 

歯の変色の原因はいくつかありますが、

今回はホワイトスポットの治療について

ご紹介したいと思います。

 

ホワイトスポットとは、歯の表面にできた白い

シミの様な白濁のことです。

 

原因として初期の虫歯によるものや、

エナメル質形成不全(永久歯が生える段階で

エナメル質が完全にできない状態で生えた状態)

によるものがあります。

 

白くなっている部分だけを削り取り、周りの歯と

同じ様な色の詰め物で埋めていくといった

治療も可能ですが、歯に対するダメージは

大きくなります。

 

できるだけ削らずに治療を行うために

オパールストラという材料を使って治療していきます。

 

オパールストラは酸性の液の中に研磨剤が

入っています。

 

酸性の液で歯の表面の色のついたエナメル質を

一層溶かし、研磨剤で綺麗に磨いていきます。

 

治療後は歯の表面がやや弱くなっているため、

フッ素を塗って終わることが重要です。

 

 

初診時の写真です。

 

上の前歯が一本だけ白濁していることがわかります。

 

 

オパールストラ治療を行なった後の状態です。

 

一回の治療で少し色は目立たなくなりました。

 

 

二回目の治療後の写真です。

 

初めの頃と比較してホワイトスポットが

薄くなっていることがわかります。

 

 

 

 

 

 

三回目の治療後の写真です。

ホワイトスポットはほとんど違和感がないほどに

目立たなくなっています。

 

周りの歯の色との調和を図るため、

お家で行う歯のホワイトニングを

していただいています。

 

神経の治療後(抜髄)になるべく歯を削らずにダイレクトボンディングで治療

2021年04月28日

歯が突然痛み出したとき、

実は虫歯がすでに神経まで

届いてしまっているかもしれません。

 

今回は、今まで何の症状もなかった歯が

急にうずき出したという方の歯の治療の話です。

 

写真を見ていただいても

虫歯がすごく進んでいるようには見えません。

 

 

 

歯と歯の間から虫歯が進行しており、

レントゲン写真では深くまで虫歯が確認できました。

 

麻酔をして、歯をできるだけ削らないように

注意して虫歯を取っていっても

虫歯は深く神経まで届いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マウスピース矯正治療の症例紹介

2021年04月28日

 

前回はマウスピース矯正の治療の流れについて

簡単に説明いたしました。

 

今回は実際の患者様の症例を

ご紹介させていただきます。

 

 

 

歯が内側に傾いている部分がありましたが

綺麗なアーチ状に歯が並んでいます。

 

 

 

 

 

歯が前後する部分もありましたが

治療により改善されています。

 

歯並びを矯正することで

見た目も綺麗になるだけではなく、

歯磨もしやすく虫歯になりにくい

お口の中にすることができます。

 

矯正に関するご相談、お問い合わせ等は

当院スタッフまでお気軽にお尋ねください。

乱ぐい歯をワイヤーを使わないマウスピース矯正によって半年で綺麗な歯並びになった症例

2021年04月20日

 

今回は当院で行っている矯正治療について

ご紹介いたします。

 

当院ではワイヤーを使わないマウスピース矯正を

導入しております。

 

利点として、

 

1)口腔内を健康に保つことができる

 

マウスピースは取り外し可能なため、治療中でも

簡単に歯のお手入れができ、口腔内を健康に

保つことができます。

 

2)治療中でも目立ちにくい

 

マウスピースは透明な素材を使用しており

目立ちにくく、

歯列矯正中であることを

周囲にほとんど気づかれずに装着可能です。

 

インビザライン|世界で最も信頼性の高いマウスピース矯正システム ...

 

3)装着感がよく、予測実現性に優れている

 

インビザライン・アライナ―の

革新的なテクノロジーや機能、素材により、

装着感が良く、予測実現性にも

優れた歯列矯正を行えます。

 

 

4)通院回数を減らせる(症例にもよります)

 

インビザライン・アライナ―は、

メンテナンスが少なく、

通院は4-6週間ごとに一度なので、

ご多忙な方にとって理想的です。

 

歯医者のイラスト「治療中」 | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

当院の症例をご紹介させていただきます。

 

上の歯、下の歯ともに歯が前後しており、

磨きにくい状態となっています。

 

まず初めにレントゲンを撮影し、

顎の形や位置関係を分析します。

 

 

次にお口の中の状態を専用の機器を使って

スキャンします。

iTero element (インビザライン用最新型口腔内スキャナー) | 和歌山 ...

資料をもとにコンピューター上で治療計画を立てていきます。

 

 

動かしたい歯にアタッチメントと呼ばれる

ポッチをつけることで

歯が動きやすくなります。

 

 

最終的にポッチは綺麗に外すので

見た目が気になる心配はありません。

 

アタッチメントをつけた後はアライナー

(マウスピース)を

患者様にお渡しします。

 

患者様は、毎日アライナーを装着していただき、

約1週間ごとに新しいアライナーに交換します。

 

Step 4

 

その後、約4週間ごとに診察をし

治療経過を確認していきます。

 

 

 

治療終了後は、歯牙の位置を安定させるために

リテーナー(保定装置)の使用が

必要となります。

 

 

 

先ほどの症例の治療後の写真です。

 

 

治療前と後で比較した写真です。

 

 

歯並びが綺麗になり、

歯磨きがしやすい環境になりました。

 

抜歯と言われていたC4『歯ぐきの下まで虫歯が深く進んでしまった歯』の歯を健康に回復した症例 【福岡市・西区の患者様】

2021年04月7日

 

 

歯を失う原因の3割が虫歯と言われています。

 

 

 

 

 

ある程度の虫歯なら

詰め物を詰めたり、

被せ物をしたり

神経の治療をすることで

残すことはできますが、

虫歯が進行するにつれて

歯を残せる可能性が低くなっていきます。

 

 

 

 

 

 

図は虫歯の進行の具合をステージごとに

解説したものです。

 

一番下はステージ4となり、

虫歯が歯ぐきの下まで及んでおり、

保存不可能と診断されます。

 

たとえ無理やり被せ物を被せたとしても、

将来的に土台ごと外れてくる可能性が高いです。

 

わかりやすく家づくりに例えてみましょう。

 

ステージ4の状態は

家でいうと土地自体の地盤が柔らかく

土台が安定しない状態です。

 

土台が安定しないということは

土台の上にある家も安定しない

ということになってきます。

 

安定した家を建てるためには

まず、地質を調査し、

土台を整備していく必要があります。

 

今回は通常なら抜歯となる歯を、

どのようにして残していくかを

症例を交えてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

下の写真は虫歯によって

歯の大部分がなくなってしまいました。

 

このような状態だと

しっかりとした土台をたてることができず、

被せ物を被せることが難しくなってしまいます。

 

 

 

自分の歯がある程度無いと

しっかりとした土台が立てられません。

 

そのためには歯を引っ張り出して

歯ぐきより上の位置へ

持ってくる必要があります。

 

 

模型の上で

歯を引っ張りあげる装置を製作します。

 

 

実際に口の中に入れて調整します。

 

急に強い力が歯に加わると歯が折れたり、

抜けたりする恐れがあるため

じっくりと弱い力を歯に加えます。

 

 

左が歯を引っ張りだす前、

右が引っ張り出して一ヶ月後です。

 

わずかな違いですが

右のほうが歯ぐきの上に歯が出てきています。

 

 

そのあと歯ぐきの位置を下げる手術を行い、

土台を立てるために十分な歯の量を確保します。

 

 

土台をたてた後は型取りをして、

被せ物を作っていきます。

 

 

しっかりとした土台を立てることで

上の被せ物も良い状態で

被せることができました。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

他の歯医者さんで

抜歯と言われた歯も残せる可能性があるのです。

 

できるだけ歯を抜きたくない、

自分の歯を残したい、

と思うのは全ての患者様の願いだと思います。

 

自分の歯を長持ちさせたいという方は

いつでもお問い合わせください。

 

※今回紹介した手法は保険適用外の方法です。

 

 

保存不可能な歯を抜歯し、抜いたスペースにインプラントを埋入した症例 福岡市城南区の患者様

2021年03月29日

今回はインプラントの手順や流れについて

実際の症例を交えながら

ご紹介していきたいと思います。

 

インプラントとは、上部構造、連結部分、

人工歯根の三つに分けられ、

いきなり全部をお口の中に

入れることはできません。

 

まずとフィクスチャーと呼ばれる土台を

骨の中に埋め込んで、骨と接着してから

アバットメントという連結部分を土台と

連結させ、最後に被せ物が入ります。

 

実際に症例をご紹介します。

この患者様は右下奥の違和感を

主訴に当院を来院されました。

一見何でもないように見えますが・・・

 

 

歯茎が二ヶ所、膨れていることがわかります。

これは口内炎ではなく、膿の出口となっており、

歯茎から化膿しているのです。

では、なぜ化膿しているのでしょうか。

 

 

レントゲン写真から、

歯にヒビが入っていることが考えられます。

歯が割れてしまうと、割れたところからばい菌が

侵入してしまい、炎症が生じてしまうのです。

 

 

被せ物を外した写真です。

予想通り、歯に大きなヒビが認められます。

 

 

抜歯の前にあらかじめインプラントを

埋入する位置や角度をCTを使ってパソコン上で

シミュレーションしておきます。

 

 

 

コンピューター上で作成しておいた

インプラントガイドを使用して

インプラントを埋入している写真です。

ガイドを用いることで

シミュレーションと全く同じ位置に

インプラントを埋入することができます。

 

 

インプラントの本体を埋入した写真です。

今回は抜歯と同時にインプラントを埋入し、

抜いた歯の周りの骨をできるだけ

削らないように温存し、

インプラントを埋め込んでいます。

 

 

抜歯して二ヶ月ほどで

歯茎が引き締まってきます。

インプラントの土台も完全に

歯茎に覆われています。

土台が骨とくっつくのを待って

仮の連結部分(ヒーリングアバットメント)

をつけていきます。

 

 

歯茎を開いてヒーリングアバットメントを

土台に連結しました。

 

 

歯茎の傷が治癒したらスキャナー

(特殊な型取りのコンピューター)

でスキャンし、被せ物を作成します。

出来上がったらインプラントと

被せ物を特殊なネジでしめていきます。

 

 

最終的に穴は綺麗に上から塞いでしまうので、

見た目はほとんど違和感がありません。

 

 

インプラントは画期的な治療法で、

他の歯に比べて歯石がつきにくいのですが

通常の歯と同様メインテナンスが

重要になってきます。

自分の歯やインプラントを

長持ちさせるためにも、

定期的な来院をお勧めいたします。

 

歯の色が一本だけ茶色に変色してしまっている症例(神経の無い歯)

2021年02月20日

皆さんは、歯の色に困ったことはありませんか?

 

 

一般的なホワイトニングでは

 

神経のある歯は白くなりますが、

 

神経の無い歯は効果が発揮されないと

 

言われています。

 

 

今回、神経の無い歯の色を白くする方法

 

(ウォーキングブリーチ法)について

 

簡単に説明していきます。

 

 

上の写真は治療前と治療後の写真です。

 

歯の大部分が白くなっていることがわかります。

 

 

方法としては、対象の歯の裏側に穴を開け、

薬剤を流し込み、それを2〜3週間毎に一回、

それを約2、3回程度繰り返します。

 

 

歯の裏側に薬剤を詰めている様子です。

 

 

歯が白くなったら裏から白い材料で蓋をします。

 

神経が無い歯でもホワイトニングが可能という

ウォーキングブリーチ法ですが、

注意点もいくつか存在します。

 

1)白さが一生持続することはありません。

→喫煙習慣や着色料の多い食事を

頻繁に行ったりすると

歯は再び変色してくることがあります。

 

2)治療中に痛みを感じる可能性があります。

→使用する薬剤から発生するガスにより、

根っこや歯を支える顎骨に圧がかかると、

痛みを生じることがあります。

 

3)適用不可の場合があります。

→神経を失った歯は神経のある歯に

比べて割れたり欠けたりする可能性が

高くなります。

ウォーキングブリーチの薬剤による

圧に耐えられなさそうな歯である場合は、

施術できません。

 

※ウォーキングブリーチによって

得られる効果には個人差があり、

どのような白さになるかは歯の状態や

質、継続期間などによって左右されます。

 

ウォーキングブリーチの良い点として、

自分の歯を大きく削らずに

歯を白くできるという点があります。

 

もし歯の変色にお悩みの方は

当院スタッフまでご気軽にご相談ください。

時間の取れない40代男性のマウスピース矯正

2021年01月9日

 

働き盛りの男性で、年齢を重ね知識も増え、

健康の重要性を理解している方が

増えてきているように感じます。

 

また、お口の健康が全身の健康に如実に

関係していることを意識する方とも

よくお話しします。

 

その中で歯並びに不具合があると健康問題で、

治療の必要性を感じている方は

多いのではないかと思います。

 

しかし現実問題として

多忙な環境に身を置く方にとって、

矯正の治療を選択するのは

難しい状況ではないでしょうか。

 

今回は、全国に渡り仕事をしている

多忙な40代男性の患者様に

当院で施した矯正治療について

お話ししたいと思います。

 

患者様はしっかり歯磨きをされており、

お口の衛生状態にそんなに問題が

あるわけではありませんでした。

 

しかし、叢生といって歯が互いに重なり

窮屈な状態の歯が多数見られます。

 

特に下の前歯で顕著で、

歯磨きをしてもなかなか着色が

取れない部分があります。

 

見た目としても改善を望んであり、

マウスピースでの矯正をしていくことに

なりました。

 

写真は術前のお口の写真です。

 

 

上の歯も多少の重なりがありますが、

特に下の歯に多く見られます。

 

 

一般的には今でもワイヤーを使った

矯正治療が主流ですが、

AIを使用したマウスピース矯正が

全世界で数百万もの症例が施術されており、

AIもどんどん学習しております。

 

そのAIが計算したモノを元に

カスタマイズした治療計画で

マウスピース矯正をはじめました。

 

仕事柄ワイヤーをつけることが

難しいとのこともありましたが

約半年のマウスピース矯正で治療で

以下の状況にまで動かすことができました。

 

 

下の歯の重なりが随分解消しているのが

わかると思います。

 

矯正に使用するマウスピースで

一緒にホワイトニングの液を入れて

使用した時期もあり、

歯の色調も随分と明るくなりました。

 

後は、もともとお口に入っていた

銀色の差し歯を今後作っていきますが、

噛み合わせもよくなり、

歯磨きもしやすくなっています。

 

今後、奥歯の治療が終了した際に

再度ご報告したいと思います。

 

 

術前術後のお口の中です。

 

随分イメージが変わりました。

 

虫歯が神経に届いて細菌感染していたが、神経を取らずに残した症例  福岡市博多区の患者様

2020年12月23日

虫歯が神経まで届いてしまった場合、たいていの場合は神経を取らないといけません。

そのままにしておくと、神経自体がばい菌に侵されてしまって神経が腐ってしまうからです。

ですが、条件によっては虫歯が深くても神経を残せる可能性があります。

 

 

この患者様は右下の詰め物が外れたから見て欲しい、という理由で来院されました。

 

銀の詰め物が外れてしまったあと、放置していたせいで中で虫歯が進んでしまっていました。

 

 

虫歯の部分を削ってみると虫歯が広範囲に及んでいる事がわかります。

 

 

虫歯が神経近くに及んでいたため、ラバーダムというゴムのマスクをして治療を行います。

 

唾液の中に多くの細菌が含まれているので、唾液が神経に触れて感染してしまわないようにするためです。

 

 

虫歯の部分を削っていくと小さい穴が空き、出血してきました。

 

この穴は神経の入り口になっており、この時点でただ穴を埋めてしまうと神経を残す事が極めて難しくなってしまいます。

 

 

出血部分を十分に止血し、消毒した後にMTAセメントという歯科材料でふたをします。

 

MTAセメントが効果を発揮する事で神経を残す事ができるのです。

 

 

MTAセメントの上からプラスチックでふたをしたところです。

 

MTAセメントは固まるまで時間がかかるため、一旦仮のふたをし、固まったところで綺麗にふたをします。

 

 

後日、白いMTAセメントが固まったことを確認して歯の形を整えていきます。

 

 

ここでもラバーダムをすることでより綺麗に詰め物を詰めることができます。

 

 

最終的な形がこちらです。

治療前と比べて見た目も良くなり、食事も問題なくできています。

 

今回ご紹介したMTAセメントは人体への影響が少なく、生体にやさしい材料となっています。

虫歯が深くても神経を残すことができるとして近年歯科業界でも注目されています。

MTAセメントを用いた治療をご希望の方はご気軽にスタッフまでお問い合わせください。

 

 

歯にとって神経とは、血液や栄養を送る管の役割をしています。

もし神経をとってしまうとその歯に血液が行き渡らなくなってしまうので、

歯の寿命を短くしてしまいます。

すぐに抜歯になるということではありませんが、単純に比較して神経を取った歯と取っていない歯では

神経がない歯の方が抜歯になる可能性が7.4倍高くなってしまいます。

自分の歯を長持ちさせるためにも、MTAセメントを用いた治療をお勧めいたします。

 

※MTAセメントは健康保険の範囲外での処置となりますのでご了承ください。

新製品情報|TMR MTA セメント|フォルディ株式会社|歯科材料・歯科 ...

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに術後半年後の写真です。

 

あれだけ深い虫歯でしたが、現在のところ問題は出ておりません。

 

 

完全に虫歯が神経に届いている歯の治療(ダイレクトボンディング) 福岡市中央区赤坂の患者様

2020年01月14日

奥の歯に最近ずっと違和感があるという患者様です。

 

銀歯で治療がなされていますが、中で虫歯が進んでいる様です。

 

早急な治療が必要です。

 

ラバーダムシートをかけて銀歯を外していきました。

 

銀歯の下に白いお薬が詰めてあります。

 

 

白いお薬を取っていくとお薬の下は虫歯になっていました。

 

茶色に見えるのが虫歯です。

 

 

虫歯は神経まで及んでいました。

 

虫歯を取り除くと神経が露出しています。

 

神経が露出すると出血します。

 

 

更に虫歯を取っていくと、神経の入り口くらいまで細菌感染していました。

 

 

ピントが合ってませんが、拡大したところです。

 

 

 

消毒を繰り返し、出血が止まったのを確認してスーパーボンドという歯科用の接着剤で露出した神経を封鎖します。

 

この日は、この上に仮の蓋をし、治療を終了します。後日、痛みがないのを確認して最終的な歯の形を作ります。

 

 

2週間ほど期間を置きました。

 

初めは少し痛みを感じていたが、今は全く痛み・違和感を感じなくったとのことで、最終的な歯を作っていく事にします。

 

 

当院でいつも行なっているダイレクトボンディングです。

 

ラバーダムをかけ、歯を作る準備をします。

 

 

隣接面の歯の形になる様に、セロファンの膜をリングとウェッジで固定します。

 

 

 

そしてコンポジットレジンを少しずつ充填していきます。

 

歯の形ができました。

 

 

 

ラバーダムシートを外して、噛み合わせを確認し、綺麗に磨くと天然の歯とあまり見分けが付かなくなりました。

 

今でも何の違和感もなく歯を使ってらっしゃいます。

 

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様の歯に対するお悩み・ご希望を院長が直接お伺いする「個別相談」を実施しています。毎月人数は限定させていただいておりますが、お口のお悩みを何でもご相談いただけます。まずはメールもしくはお電話にて予約を取っていただきご来院ください。

  • 無料相談
  • インターネット予約

〒814-0101 福岡県福岡市城南区荒江1-32-16

  • 駐車場4台完備
  • 092-821-4182
9:00~13:00–∗
14:00~18:00–∗–∗

※土曜日は16:30までの診療になります。

※祝日のある週の木曜日は18:00まで診療。

症例集

症例はこちらをご参照ください。